【高校野球】札幌大谷の北本が先頭打者弾 甲子園で同校初の打者が一発、球場はどよめき

【高校野球】札幌大谷の北本が先頭打者弾 甲子園で同校初の打者が一発、球場はどよめき

第3試合は1回裏に札幌大谷が先頭打者本塁打で先制

明治神宮大会王者が幸先のいいスタート

 第91回選抜高校野球大会は24日、大会2日目が行われ、第3試合で甲子園初出場の札幌大谷が登場。初回に先頭打者の北本が大会第2号となる先頭打者ホームランを放った。

 1回表は先発の太田が1死二塁のピンチを背負うも、後続を打ち取って無失点に抑えた札幌大谷。すると、その裏、1番の北本が3ボール1ストライクから相手先発・森下の5球目を捉え、レフトスタンドに運んだ。

 札幌大谷にとって、甲子園初めての打者がホームラン。甲子園はどよめいた。昨秋の明治神宮大会王者が幸先のいいスタートを切った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)