「刀剣乱舞」などで好演の黒羽麻璃央 夢の球場で楽天戦始球式「僕の人生が変わる」

5・25 楽天-オリックス戦 仙台市出身「夢を叶えてもらい感無量」

 楽天は23日、宮城県仙台市出身でミュージカル『刀剣乱舞』などで好演している俳優の黒羽麻璃央(くろば まりお)さんが5月25日オリックス戦(楽天生命パーク宮城、14時試合開始)で始球式を行うことを発表した。

 試合は「TOHOKU SMILE デー」として開催され、始球式は2017年から2年連続でふなっしーが務めていた。宮城県仙台市出身の黒羽さんは小さい頃から野球に打ち込み、何度も楽天生命パーク宮城にも足を運んでいたという。

「まず、お話しを頂いて素直にガッツポーズしました。アイラブ宮城、アイラブ野球みたいな少年でした。いつか、あのマウンドで投げたいと夢見ていたので、今回夢を叶えていただけて本当に感無量です。5月25日は僕の人生が変わる瞬間になります。どうか神様!晴天を準備していただける事祈っております!皆様も一緒に願っていただけると幸いです!よろしくお願い致します」と胸を躍らせていた。

◯黒羽麻璃央 プロフィール
 1993年7月6日宮城県仙台市生まれ。AB型。ヴィズミック所属。2010年に「第23回JUNON SUPERBOY CONTEST」準グランプリ受賞。主な出演作品は、ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン、ミュージカル『刀剣乱舞』、舞台『黒子のバスケ』など。今年から「みやぎ絆大使」(2019年1月1日〜2021年12月31日)を務めている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)