阪神、投打噛み合いOP戦最下位を回避 西6回無失点の好投、打線は9安打8得点

2回に大山の4号ソロ、打者一巡の猛攻で一挙7得点

■阪神 8-4 オリックス(オープン戦・24日・京セラドーム)

 阪神は24日、オリックスとのオープン戦を8-4で勝利しオープン戦最下位を回避した。先発の西が6回5安打無失点の好投を見せると能見、ジョンソン、藤川の継投。打線は2回に大山のソロを皮切りに打者一巡の猛攻で一挙7点を奪い主導権を握った。

 阪神は2回。先頭の大山が左翼席へ4号ソロを放ち先制に成功。さらに1死満塁から西が中前適時打、木浪の2点タイムリー、糸井の3点適時打など打線が爆発し一挙7点を奪った。8回には梅野が左翼線へタイムリー二塁打を放ちリードを広げた。

 先発の西は古巣相手に6回5安打無失点、7回は能見、8回をジョンソンが0点に抑えたが、9回は藤川が小田にタイムリー、マレーロに3ランを浴びるなど4失点と課題を残した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)