【MLB】イチローは「優しい人」…古巣マーリンズの選手たちは最後の勇姿を早朝生観戦

【MLB】イチローは「優しい人」…古巣マーリンズの選手たちは最後の勇姿を早朝生観戦

マーリンズ時代に監督としてイチロー(右)を指揮していたマッティングリー監督【写真:Getty Images】

マーリンズ在籍中の2016年に日米通算4257安打、MLB通算3000安打を達成

 21日のアスレチックス戦後(東京D)に現役引退を表明したマリナーズのイチロー外野手。オリックス、マリナーズ、ヤンキース、マーリンズの4チームで、“世界最高”の日米通算4367安打を積み重ねた。そんなイチローについて、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」が「イチローは全ての細部において完璧だった、古巣マーリンズのチームメートは忘れない」とのタイトルで特集を掲載。マーリンズの元同僚たちに取材しており、背番号51の現役最終打席を選手・スタッフがリアルタイムで見届けたことなどを紹介している。

 イチローはマーリンズに2015年から17年まで在籍し、2016年には“ピート・ローズ超え”の日米通算4257安打目とメジャー通算3000安打目を放った。日米通算28シーズンのうちの3シーズンのみだったが、チームメートたちにとっても印象深い出来事は多かったようだ。

「ジ・アスレチック」によると、米時間21日の朝、マーリンズの選手、コーチらは早くからクラブハウスに現れ、時差のある日本でのイチローの最後のスイングを見届けるためにテレビの周りに集まったという。アスレチックス戦の試合開始は日本時間18時半。フロリダ州がある米東部時間では朝5時半だ。記事の中で「一瞬、審判が彼をアウトにするのをためらったように見えたね」と、一塁で際どいタイミングだったイチローの最終打席について話すドン・マッティングリー監督は、イチローとマイアミで過ごした2シーズンについても語っている。

「彼の打撃のやり方は少し違った。彼の足の速さと守備、そして彼に関するあらゆることが(周りと違っていた)ね。見ていてとてもワクワクしたよ」

「彼が野球に対して完璧なまでに身を捧げていたのは、誰の目にも常に明らかだった」

 特集では、イチローが少なくとも3か国語を話すことができ、日本語、英語、スペイン語でチームメートに冗談を言って笑わせていたことを紹介。マーティン・プラド内野手は「彼はスペイン語が分かっていないチームメートにさえも、スペイン語で冗談を飛ばしていたよ。でも、彼は真剣になるべき場面と、試合に対して敬意を払うべき場面は心得ていた」と語っている。さらにダン・ストレイリー投手もイチローの野球への取り組みに脱帽していたという。

「彼が野球に対して完璧なまでに身を捧げていたのは、誰の目にも常に明らかだった。彼がやってきたこと全てが細かく計算されていた。決して無駄な時間などなかった。彼はとても優しい人だ。彼の労働倫理から得られることがあるんだ。彼と過ごした毎日は楽しかったよ」

 惜しまれながら引退したイチローはファンだけでなく、プレーをともにした同僚にも大きな影響を与えてきた。だからこそ、マーリンズの選手たちは朝からテレビの周りに集まり、レジェンドへの最高の敬意と共にその勇姿を目に焼きつけたのだろう。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)