西武内海、移籍後初商品は「内海のダブルチキン弁当」 本拠地初戦から販売

西武内海、移籍後初商品は「内海のダブルチキン弁当」 本拠地初戦から販売

「内海のダブルチキン弁当」が販売されることが発表された【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

4月2日ロッテ戦から販売「ご家族で楽しみながら食べてほしいです」

 西武は25日、本拠地初戦の4月2日・ロッテ戦から、内海哲也投手のプロデュースグルメ「内海のダブルチキン弁当」を販売すると発表した。メットライフドームの球場グルメは12球団最大級の店舗数を誇り、1000種類以上のメニューがあるが、内海の移籍後初商品はプロデュース弁当となった。

 内海の大好物の鶏肉をメインにした弁当で、ブラックペッパーのスパイスが効いた「ペッパーチキンステーキ」と、甘酢だれの「チキン南蛮」という2種類の鶏肉料理が入っている。また、出身地の京都にちなんだ「ちりめん山椒」や「しば漬け」もメニューに取り入れられた。購入特典として特製ポストカード(非売品)も付いている。

 価格は1400円。内海は球団を通じて「お子さまに人気の『チキン南蛮』や、スパイスが効いた少し大人味の『ペッパーチキンステーキ』と、子どもから大人まで楽しめるお弁当です。ぜひ、ご家族で楽しみながら食べてほしいですね!」とコメントした。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)