DeNAがプロ野球界初の赤ちゃん絵本制作 横浜市約3万人の乳児にプレゼント

DeNAがプロ野球界初の赤ちゃん絵本制作 横浜市約3万人の乳児にプレゼント

DeNAが赤ちゃん絵本「スターマン! おきてくださーい」を作成【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

絵本作家ひらぎみつえ氏による「スターマン!おきてくださーい」

 DeNAは25日、子供の発育の過程での大切な親子のコミュニケーションツールとして、赤ちゃん絵本「スターマン! おきてくださーい」を制作し、横浜市約3万人の乳児にプレゼントすると発表した。この取り組みは、横浜市と締結したスポーツ振興、地域経済活性化等に向けた包括連携協定「I☆YOKOHAMA 協定」の一環として実施される。

「スターマン! おきてくださーい」は、DeNAベイスターズが初めて制作した赤ちゃん絵本。なかなか起きない球団マスコットのDB.スターマンを揺らしたり、くすぐったり、「どうやったら起きてくれるかな?」と親子でコミュニケーションをとりながら楽しめる、可愛らしい絵本に仕上がった。作と絵は横浜市在住で自身も6歳の子供を持つ絵本作家のひらぎみつえ氏。完成した絵本は、2019年度(2019年4月〜2020年3月)に横浜市内で4か月児健診を受診する約3万人の乳児にプレゼントする。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)