支配下復帰の鷹・川原、勝利の方程式へ名乗り「腕を振った球は打たれない」

支配下復帰の鷹・川原、勝利の方程式へ名乗り「腕を振った球は打たれない」

支配下契約を結んだソフトバンク・川原弘之【写真:藤浦一都】

左肩肘の故障で4年ぶり支配下登録 工藤監督も期待「球に力がある投手はぜひ欲しい」

 ソフトバンクの川原弘之投手が26日、4年ぶりに支配下復帰を果たした。2009年のドラフト2位で指名を受けて入団するも、左肩や左肘の故障で2016年シーズンから育成契約。長いリハビリを経て2017年に実戦に復帰し、2019年シーズン開幕を前に晴れて支配下復帰を勝ち取った。

 新しい背番号は「63」。川原は苦難を乗り越えての支配下復帰に「素直にうれしい。10年間待っていただいた球団に感謝したい」と語った。自らのアピールポイントについて「しっかり腕を振って投げたボールはそう簡単には打たれない。そういう腕を振った時のボールには自信があります。1年間を通して1軍にいたいと思いますし、いずれは勝ちパターンで投げるピッチャーになりたい」という。

「投げられない時期が長くて苦しかったです。戦力外になって、肩の手術、肘の手術と、これまで3回野球人生が終わってもおかしくなかった。野球ができる幸せをかみしめてプレーしたいです」という川原は、1軍のマウンドで左の切り札となるべく10年目のリスタートを切る。

 工藤公康監督は「手術を何回もやったにもかかわらず、昨年はファームでしっかり投げているし、僕もボールに力があるピッチャーはぜひ欲しいと言ってきた。キャンプ後半にA組に上がっていい球を投げてオープン戦でも結果を残した。本人の今年にかける思いが強いところもあったし、僕も戦力としてしっかりと考えていきたい。ここがスタートライン。自分の力を信じて、その力を出していってほしい」と期待を込めた。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)