平成開幕戦の歴史を振り返る 番長・三浦は7戦7敗の珍記録、巨人が最高勝率【セ編】

平成開幕戦の歴史を振り返る 番長・三浦は7戦7敗の珍記録、巨人が最高勝率【セ編】

開幕投手を7度務めたDeNA・三浦大輔コーチ【写真:荒川祐史】

巨人は斎藤雅樹が開幕4連勝、菅野も3連勝を記録

 プロ野球は3月29日に平成最後の開幕戦を迎える。過去30回のセ・リーグ開幕戦の勝敗も見ていこう。過去30試合の勝率順に、各球団の開幕戦の戦績を紹介していく。

1位 勝率.633(19勝11敗) 読売ジャイアンツ

 V9時代(1965年〜73年)の開幕戦は2勝7敗。開幕戦に弱いと言われた巨人だが、平成に入ってからは強い。92年〜96年と13〜17年に2回5連勝している。投手別では斎藤雅樹が93〜96年に4連勝している。菅野も14〜16年3連勝。

2位 勝率.586(17勝12敗1分)東京ヤクルトスワローズ

 ヤクルトが2位。開幕戦に限れば東京勢が強いことがわかる。石川雅規は、8度の開幕投手を務め5勝3敗。石井一久も3勝1敗。エース級が開幕から力を発揮している。

3位 勝率.536(15勝13敗2分)広島東洋カープ

 2010年まで13勝7敗、勝率は6割を超えていたが、ここ8年で2勝6敗と足踏み。しかし、それでも広島はリーグ3連覇。開幕で躓いても立ち直りは早い。佐々岡真司と黒田博樹が3勝1敗の成績を残している。

4位 勝率.500(14勝14敗2分)中日ドラゴンズ

 21世紀に入り、落合博満監督になってからは強豪チームとなった。開幕戦も2009年までは12勝7敗2分だった。最近9年間は2勝7敗。川上憲伸が3勝0敗。NPBのセーブ王・岩瀬仁紀が2敗しているのが目を引く。

DeNAの三浦は7度の開幕投手を務めるが全て敗戦投手に

5位 勝率.414(12勝17敗1分) 阪神タイガース

 1995年からの7年間で6回最下位と「暗黒時代」を迎えたが、開幕戦も1991年から2001年まで11連敗。立ち上がりでいきなりファンを失望させた。しかし、それ以降は10勝6敗1分と立ち直っている。2008年から10年まで安藤優也が3連勝している。メッセンジャーも3勝1敗と得意にしている。

6位 勝率.321(9勝19敗2分) 横浜DeNAベイスターズ

 12球団で開幕戦の勝率が最も低いのはDeNA。2004年から10年まで7連敗している。ここ2年も連敗。「ハマの番長」こと三浦大輔は7度の開幕投手を務めたがすべて敗戦投手。通算7敗はNPB記録になっている。開幕戦で2勝した投手はいない。

 最後に平成の両リーグ開幕戦、勝利投手5傑を挙げておこう。

1石川雅規 5勝3敗(ヤクルト)
1涌井秀章 5勝3敗(西武、ロッテ)
3斎藤雅樹 4勝1敗(巨人)
3岩隈久志 4勝2敗(近鉄、楽天)
5安藤優也 3勝0敗(阪神)
5斉藤和巳 3勝0敗(ダイエー・ソフトバンク)
5川上憲伸 3勝0敗(中日)
5和田毅 3勝0敗(ソフトバンク)
5メッセンジャー 3勝1敗(阪神)
5黒田博樹 3勝1敗(広島)
5佐々岡真司 3勝1敗(広島)
5菅野智之 3勝1敗(巨人)
5石井一久 3勝1敗(ヤクルト)
5攝津正 3勝2敗(ソフトバンク)
5西崎幸広 3勝4敗(日本ハム)(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)