平成最後の開幕戦がスタート 12球団の通算成績一覧、巨人はあと78勝で6000勝

平成最後の開幕戦がスタート 12球団の通算成績一覧、巨人はあと78勝で6000勝

昨季リーグを制した西武・辻監督と広島・緒方監督(左から)【写真:荒川祐史】

プロ野球草創の1936年から存続しているチームは4球団

 3月29日、プロ野球は1936年草創以来、83年目のシーズンがスタートする。12球団は、さまざまな歴史をつないで現在に至っている。各球団の総成績を、創立の順番に紹介していこう。

 平均は平均順位。シーズンは、戦前の2シーズン制は、それぞれ1シーズンとカウント。得失点と本塁打、盗塁も示す。

◇プロ野球草創の1936年から存続している球団4球団

○読売ジャイアンツ 85シーズン 平均1.90位
10472試 5922勝 4227敗 323分 勝率.584
得45327 失36435 本10160 盗7566

○阪神タイガース 85シーズン 平均3.29位
10498試 5250勝 4936敗 312分 勝率.515
得40607 失38886 本7936 盗6435

○中日ドラゴンズ 85シーズン 平均3.49位
10484試 5214勝 4922敗 348分 勝率.514
得40379 失40186 本8675 盗6754

○オリックス・バファローズ 85シーズン 平均3.42位
10491試 5192勝 4944敗 355分 勝率.512
得42987 失41816 本8352 盗9329

 いわゆる「老舗」と言われる4球団。職業野球生みの親、正力松太郎がオーナーだった巨人、阪神、中日、そして阪急の後進のオリックスだ。オリックスは2005年に近鉄と合併しているが、存続球団はオリックスになっている。

 草創期から強かった巨人が圧倒的な勝率を誇る。王貞治など強打者もいたので本塁打も1位。巨人の通算試合数が老舗4球団で一番少ないのは、プロ野球最初の大会の時に、アメリカに遠征して参加していなかったからだ。あと78勝で史上初の6000勝になる。Aクラス入りなら今期中に達成できることになる。阪神はあと84本で通算8000本塁打。盗塁はオリックスが1位。世界の盗塁王福本豊が1割以上の1065盗塁を記録している。老舗4球団はすべて勝ち越している。

通算勝利数は巨人に次ぐ2位のソフトバンクホークス

◇1938年創立

○福岡ソフトバンクホークス 80シーズン 平均3.26位
10326試 5260勝 4700敗 366分 勝率.528
得42991 失40888 本8635 盗9085

 阪急の小林一三オーナーが「関西にもう1球団あってもいい」と考え、南海に声をかけた。南海ホークスは当初は弱かったが、2リーグ分立後、パの強豪チームとなり、通算勝利数は巨人に次ぐ2位。ただし3位阪神とは10勝差、4位中日とも46勝差だ。1989年からは福岡に拠点を移し、ダイエー、ソフトバンクとなっている。

◇1946年創立

○北海道日本ハムファイターズ 73シーズン 平均4.01位
9765試 4535勝 4881敗 349分 勝率.482
得38606 失39886 本7967 盗7156

 終戦直後の1946年のシーズンからセネタースとして加入。大下弘の「青バット」で人気を博した。東急、急映、東映、日拓を経て日本ハムになった。2004年から北海道を拠点としている。あと33本で球団通算8000本塁打だ。

◇1950年2リーグ分立時に創立 5球団

○埼玉西武ライオンズ 69シーズン 平均2.78位
9301試 4744勝 4193敗 364分 勝率.531
得39187 失36287 本8988 盗7146

○千葉ロッテマリーンズ 69シーズン 平均3.84位
9288試 4468勝 4453敗 367分 勝率.501
得38083 失37998 本7654 盗6655

○広島東洋カープ 69シーズン 平均3.91位
9250試 4299勝 4608敗 343分 勝率.483
得36085 失37743 本8280 盗6466

○東京ヤクルトスワローズ 69シーズン 平均4.10位
9250試 4180勝 4768敗 302分 勝率.467
得35223 失38126 本7815 盗5409

○横浜DeNAベイスターズ 69シーズン 平均4.59位
9251試 3995勝 4966敗 290分 勝率.446
得35139 失39571 本7696 盗5184

 1949年の球界再編によって、プロ野球はセ・パ2リーグに分立。この際に参加したチーム。広島以外は親会社が変わっている。西武は西鉄、ロッテは毎日、ヤクルトは国鉄、横浜は大洋だった。1980年代以降、黄金期を迎えた西武が平均順位、勝率で巨人に次ぐ2位となっている。西武はあと12本で球団通算9000本塁打。DeNAはあと5勝で4000勝。ロッテは5割を超えているが、その差はわずか15、今シーズンの結果次第では通算勝率負け越しになる恐れもある。

◇2005年創立

○東北楽天ゴールデンイーグルス 14シーズン 平均4.64位
1996試 889勝 1061敗 46分 勝率.456
得7544 失8439 本1296 盗1147

 2004年の球界再編によって新規に参入した球団。当初は下位に低迷していたが、2013年に初優勝、日本一にもなった。それぞれ歴史や背景の異なる12球団が、143試合の長丁場に挑む。今年は、シーズン中に元号も変わる。新しい歴史を刻んでいく。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)