巨人丸、広島長野が同じ日に移籍後初アーチ FAで運命交錯の2人

巨人丸、広島長野が同じ日に移籍後初アーチ FAで運命交錯の2人

巨人・丸佳浩(左)と広島・長野久義【写真:Getty Images、荒川祐史】

丸は阪神戦の5回に、長野は中日戦の7回にそれぞれソロ本塁打

 巨人の丸佳浩外野手と、広島の長野久義外野手が、ともに移籍後初本塁打を放った。2日、巨人は東京ドームで阪神と、広島はナゴヤドームで中日と対戦。丸が5回に移籍後初本塁打となるソロを放つと、長野も7回にソロ本塁打を放った。

 先にアーチをかけたのは丸。初回に先制の適時二塁打を放つと、5回に阪神2番手の馬場から巨人ファンが陣取る右翼スタンドへの一発を放ち「巨人・丸」としての初本塁打を放った。この日の丸は2安打3打点。チームの本拠地開幕戦を勝利で飾る原動力となった。

 長野はこの日「7番・左翼」で移籍後初スタメン。4回の第2打席で右前安打を放つと、7回先頭で立った第3打席で左翼スタンドへ弾丸ライナーで飛び込むソロ本塁打を放った。広島はこの一発で勝ち越したが、投手陣が踏ん張れずに痛恨の逆転負け。長野の一発は空砲に終わった。

 丸は昨オフにFA権を行使し、巨人へと移籍。その丸の人的補償として巨人から広島へ移籍したのが長野だった。運命のイタズラにより、それぞれ新天地へと移った2人が共に初本塁打を放つという、因縁めいた1日となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)