【野球と音楽・特別対談】元燕エース川崎憲次郎とギター番長・古市コータローが抱く“地元”への特別な思い

【野球と音楽・特別対談】元燕エース川崎憲次郎とギター番長・古市コータローが抱く“地元”への特別な思い

対談を行った川崎憲次郎氏(左)と古市コータロー氏【写真:荒川祐史】

スペシャル対談“最終打席”は大分と東京を大いに語る

 野球と音楽をつなぐ、おなじみのラジオ番組、Full-Countプレゼンツ「NO BASEBALL, NO LIFE.」。「野球と音楽・特別対談」と題してお届けする、元ヤクルトスワローズのエース右腕・川崎憲次郎と、筋金入りのヤクルトファンでもあるバンド「THE COLLECTORS」の古市コータローの豪華対談もいよいよ最終回を迎える。

 子供の頃にプロ野球選手を目指していたというギタリストの古市。実は大のロック好きで、引退後は解説や地元大分のカボス大使を務める傍ら、足繁くライブに通うという川崎。そんな2人をつないだ「SCOOBIE DO」のオカモト”MOBY”タクヤが参加する中、真剣勝負のトーク対決は最終の第3打席を迎える。

【第3打席 「川崎漁業組合」と「東京」】

MOBY「川崎さんは現在、どんな活動をなさっているんですか?」

川崎「地元大分のケーブルテレビ局で『川崎漁業組合』っていう釣り番組をやってます。今年で5年目になるんですけど、CSスポーツ局のGAORAでも放送されてるんです。この春からアシスタントとして5代目釣りガールが登場しますよ!」

MOBY「いい名前ですね」

川崎「釣りだけじゃなくて地元の工場や漁を手伝ったり、地方PRの番組です。GAORAでは野球中継が終わったらこの番組に切り替わることも多くて、若い人は僕のことを野球じゃなくて、釣りのおじさんだと思ってますから(笑)。でも、この番組のおかげで野球関係者の釣り好きとも交流ができて、球場で釣りの話になることもあります」

一同(笑)

MOBY「釣り好きといえば城島(健司)さんもいますね」

川崎「あの人はもはや、完全に釣りの人です(笑)。 僕の地元(佐伯市)は隣町と合併しても住民が少なくて、年間1000人くらい人口が減っているので、このままだと街がどんどん小さくなってしまう。僕自身、高校卒業してから30年くらい、正月の数日間以外は地元に帰っていなかったんです。でも、帰るきっかけを作っていただいたこの番組で、地元の良さを伝えていければと。生まれて15年しかいなかったので、改めて地元を知るきっかけになっています」

古市「重要な役割ですね」

川崎「直接何かを実行する役割ではありませんが、地元に人を呼ぶきっかけになればと思っています」

MOBY「大分の『かぼす大使』としても活動されてますよね」

川崎「そうです。観光地として海も砂浜もキレイで自然がいっぱいありますから、そんな場所で音楽だったり、スポーツだったり、何かをきっかけに盛り上げられたらいいなと考えています。ライブが実現したら僕、かぼすハイボールを作りますよ! 切ったかぼすを凍らせて氷代わりにお酒に入れるんですよ」

古市「それは最高ですね」

野球選手とバンドマンの意外な共通項とは…

MOBY「野球も遠征がありますけど、僕らも全国でライブをしている。お2人とも地方に行った時の思い出って、いろいろあると思いますが」

川崎「やっぱりうれしいのは、九州と北海道ですよね」

古市「そこは共通してますね」

川崎「食べ物が美味いですから。MOBYさんは地方での楽しみは?」

MOBY「僕は朝、ランニングで球場のあるところを走るんですよ。たまに球場の中に入らせてもらったり」

川崎「その頭で? 目立つでしょ(笑)」

MOBY「はい(笑)。しかも途中でラーメン屋に寄って、カロリープラスで帰ってくるというね」

川崎「でも、地方に行って美味しいものを食べたり、歴史のある場所を歩くのはいいですよね。大分でライブがある時は是非おすすめの場所をご紹介します」

古市・岡本「是非お願いします!」

川崎「ミュージシャンの方々って朝は苦手なんじゃないんですか?」

古市「いや、早起きですね」

川崎「ホントですか?」

古市「子どもが小さい時に保育園とか連れていくじゃないですか。あの頃の習性でね(笑)」

MOBY「バンドマンも平均年齢が40を超えると、夜にやり取りするよりも、朝起きて8時台に連絡する方が返信も早いですし、いいですよ」

古市「俺なんて夜は9時に寝ちゃうもんね。飲むのも早いし」

川崎「9時は大げさじゃないですか?」

古市「いや、大体そんな感じ。てっぺん(深夜0時)超えるのはライブの本番だけですよ。11時なんて今の俺には天文学的な数字です(笑)」

一同(笑)

MOBY「あとバンドマンは意外と時間にきっちりしてます。バンドあるあるですね」

川崎「ロックだぜー!っていうのがないんですね」

古市「うちは集合時間の5分前にいないと遅刻ですよ」

川崎「それ完全に野球界と同じです。ベテランでもバスには10分前には乗りますから、若手は遅くても20分前でしたね」

古市コータローがソロアルバム「東京」に込めた地元への思いとは…

Full-Count「川崎さんにとっての故郷である大分に対して、コータローさんにとって故郷は東京ですよね。今回アルバムのタイトルにもなっていますが、なぜ今回『東京』というタイトルをつけたんですか?」

古市「来年東京オリンピックがあるでしょ。多分、あれで僕の知っている東京はなくなるんだと思ってるんですよ。そんな覚悟の上、自分にとっての東京は、故郷であり、自分を作ってくれた街なんだと再確認したかったのが一番でかいですね。ざっくり言うとね」

Full-Count「やっぱり東京に対してのアイデンティティーみたいなものを感じますか?」

古市「そうですね。やっぱり地方から来る東京のイメージと、もともと住んでいる東京のイメージでは景色が違うと思うんですよ。そういった意味で“地元意識”みたいなものを持たなきゃいけないんだろうなって。若い頃は何ともなかったけど、歳をとってくると本当に大事にしていかないと、なんか格好良くないかなって最近思うようになってね。そんなきっかけも東京オリンピックがあったから思い出させてくれたのかもしれないですね」

川崎「東京の人って地元意識がすごく薄いイメージがあるんですよね」

古市「そうですね。でも本当はね、大事にしなきゃいけないと思います。やっぱり住んでる人もどんどん変わっていくし」

川崎「うちの田舎は30年、40年たっても、隣はそのままなのに、東京では2週間ほど家を空けて帰ってくると隣が違う人になっていたり」

古市「東京は、そういった変わることに対して宿命的な街なので、余計に地元意識を僕が感じなくてはいけないのかなって、そんなところですね」

川崎「今回のアルバムで特にこだわった曲ってありますか? あえて1曲挙げるとしたら」

古市「今回は日本にこだわって、70年代終わりから80年代をイメージして作ったんですけど、特に1曲目の『かわいた世界に』は、こういう風に始めたいなという前提で、その通りの曲が作れたんで、まぁうまくいったかなと」

川崎「聴かせていただきました。THE COLLECTORSみたいなロックでくるのかなと思ったんですが、それとは違う、とても聴きやすい曲ばかりです」

古市「ありがとうございます。川崎さんはBOOWY世代だと思うけど、そのちょっと前のシティポップですよね。ショーケン(萩原健一)や(松田)優作、(山下)達郎さんとか、その辺りの感じを出せたらなと思っていたんで。川崎さんともう少し早く会えていたらレコーディング参加してもらったのに」

川崎「それは実現してたらメチャクチャうれしかったですけど、どこに入ります?」

古市「手拍子とか(笑)」

川崎「あははは(笑)」

古市「メモリー的にね」

■川崎憲次郎 情報
GAORAでも放送中のCTS ケーブルテレビ佐伯の番組「川崎漁業組合」
元プロ野球選手・川崎憲次郎が故郷の大分県佐伯市で釣竿片手にあらゆる釣りの醍醐味を紹介する。大分弁を流暢に話す川崎が、自然に恵まれた大分の魅力を郷土愛たっぷりに伝える。

■古市コータロー 情報
4thソロ・アルバム
『東京』
NOW ON SALE!

音楽と人増刊「古市コータロー〜東京〜」
NOW ON SALE
¥1,980(税込)

ライブ情報
古市コータロー SOLO BAND TOUR “東京”
5/30(木)梅田CLUB QUATTRO
6/01(土)広島・CAVE-BE 開演
6/08(土)東京キネマ倶楽部
6/09(日)東京キネマ倶楽部
6/15(土)仙台・LIVE HOUSE enn 2nd(福嶋剛 / Tsuyoshi Fukushima)

関連記事(外部サイト)