巨人のアレックス・ゲレーロが中日戦で「6番・左翼」でスタメン 判定めぐり猛抗議も

記事まとめ

  • 巨人のゲレーロが中日戦で「6番・左翼」でスタメン、判定を不服として猛抗議した
  • ゲレーロは3回の大チャンスで見逃し三振、判定を不服として、打席内で飛び跳ねた
  • 三塁ベンチへ戻る際、助っ人は何度も球審の顔を睨んだが、もちろん判定は変わらずに

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております