「今のままでは結果は出ない」ヤクルト村上、2人の名コーチが語る越えるべき壁

「今のままでは結果は出ない」ヤクルト村上、2人の名コーチが語る越えるべき壁

ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】

横浜で2000安打達成 広島では打撃コーチで連覇貢献した石井琢朗コーチも指導

 強打者の代名詞とも言える左打ちの長距離砲。ヤクルトに出現した若者に大きな可能性を感じる。村上宗隆。生粋の九州男児は天下を獲るため都でバットを振る。

 昨年、2軍では17本塁打、70打点と飛び抜けた成績を残し1軍に合流。9月16日の広島戦で初打席初本塁打。今年は開幕から三塁のレギュラーとして試合に出場している。打率こそ低いものの、長打も出ており、ファン人気も日増しに高まっている。高卒2年目としては順調な滑り出しだ。このままチームの看板選手としての期待も大きい。

 しかし、現状、高卒2年目の19歳に対しての周囲の評価、扱い方はまったく異なっている。

 今はすべてを破壊して強い幹を作りあげている。

「プロの打者として今は何も言えることはない。このままでは、行き当たりばったり、の打者になってしまう」

 そう語ってくれたのはヤクルト・石井琢朗打撃コーチ。2000安打を達成しているバットマンは、現状の村上に対して厳しい評価を下している。

「間違いなく良いものがあって一流になれる素材。プロ入りしても2軍で結果も出した。だからこそプロ、1軍で長くやるための本当の土台が必要になる。打撃コーチとして、今のままでは大きな結果は出ないと感じる。それだけ1軍と2軍は違う世界です」

 プロ1年目は秋のフェニックスリーグで10本塁打、台湾ウインターリーグで4本塁打。1軍ではないといえ、一年を通じてコンスタントに打ち続けた。

「(フェニックスリーグの)宮崎や台湾で打ったことが、今のままでもプロでやっていける、という自信になってしまうと、1軍でちょっと結果が出なければ迷ってしまうことがある」

「1軍でコンスタントに結果を出し続けることが大事。そのための太くて強い幹を作り上げたい。今はそれをやり始めた段階。そのために今までのものを壊そうとしている。打撃フォーム、メンタルなどすべて。しっかりとしたブレない幹ができあがれば、そこからのマイナーチェンジはいくらでもできる」

 破壊なくして創造はない。石井コーチは現状ではなく、更に何段も高いレベルの選手になれると信じている。だからこそあえて「壊す」という言葉を使っている。

スイングよりもブレない打撃フォームを構築中 杉村巡回コーチ語る

「1軍と2軍では投手のスピードや球威が根本的に違う。力はあるし、柔らかい打撃もできるから変化球にはある程度ついていける。だから2軍レベルでは結果も残せることができる。でも、1軍にいる現状は速い球に苦労している。速い球にも対応できる打撃フォームの構築が大事になってくる」

 連日、早出練習から村上を見続けている杉村繁巡回コーチが話す。

「良いものを持っているのは間違いない。順調にいけば、日本を代表する強打者になれる。18年、2軍で結果を残したのは、我々からすると当然のように感じる。長打も出ている。だからスイング、強く振るという部分に関しては、現状のまま伸ばしていけば良い。今、やろうとしているのは打撃フォーム」

 若手育成に定評のある杉村コーチ。山田哲人など現在、ヤクルトを背負う多くの打者を見てきた。その中でも村上の可能性には目を見張るものがものがあるという。だからこそ大事になるのが打撃フォームがブレないことだと言う。

「確固たる打撃フォームというのかな。そういうのをまずは作り上げなければいけない。打席内でタイミングを外されるのはしょうがない。どんな打者でもすべて同じタイミングで打てるはずはない。タイミングがズレても、崩れない打撃フォーム。根本的な打撃フォームが崩れなければ、しっかり対応することができる」

 長い目で見てチームを背負って立つ打者に育って欲しい。球団内での意思統一がされており、方針に沿った練習が連日、繰り返し行われている。

 練習では多くの関係者が村上の打撃をチェックしに来る。その中にヤクルトOB、怪童と呼ばれた中西太氏の姿もあった。

 「身体の軸が流れなければ、どんな球にも反応して強く打ち返せる。それだけの強いスイングがある。反応できる打撃フォームが大事や」

 言葉は短かったが、コーチ陣が指導していることを的確に表現していた。村上は大きくうなづき、再びスイングを開始した。

 188センチ97キロの恵まれた体格は松井秀喜氏にも引けを取らない。(松井氏は公称188センチ95キロ)。空振りをした時のスイング音がスタンドまで聞こえて来る。これだけ強く振れる打者はなかなか現れない。

 破壊からの創造が完成し、幹となる打撃フォームが出来上がった時、どんな打者になっているのか。今後に大きな期待をせずにいられない男は今日も神宮の杜でバットを振り続ける。(山岡則夫 / Norio Yamaoka)

山岡則夫 プロフィール
 1972年島根県出身。千葉大学卒業後、アパレル会社勤務などを経て01年にInnings,Co.を設立、雑誌Ballpark Time!を発刊。現在はBallparkレーベルとして様々な書籍、雑誌を企画、製作するほか、多くの雑誌やホームページに寄稿している。最新刊は「岩隈久志のピッチングバイブル」、「躍進する広島カープを支える選手たち」(株式会社舵社)。Ballpark Time!オフィシャルページにて取材日記を定期的に更新中。

関連記事(外部サイト)