鷹甲斐弾で単独首位! 西武源田フルイニング出場ストップ、ロッテ最速10敗…14日パ・リーグは?

鷹甲斐弾で単独首位! 西武源田フルイニング出場ストップ、ロッテ最速10敗…14日パ・リーグは?

レフトスタンドのファンと一緒に「どすこい」ポーズを披露する西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

日ハム今季初の同一カード3連勝、西武は勝率5割復帰

 パ・リーグは14日、各地で3試合が行われた。

 ソフトバンクは楽天生命パークで行われた楽天戦で6-1で快勝。3カードぶりの勝ち越しを決め、単独首位に浮上した。2回2死一、二塁から甲斐の1号3ランで先制。6回には1死満塁から甲斐の押し出し四球、上林の右前2点打で3点を挙げた。投げては高橋礼が7回2安打1失点に抑えて開幕3連勝。楽天は今季初登板初先発の近藤が6回途中5失点と試合を作れず、打線も散発3安打。首位攻防戦で2カードぶりの負け越しを喫した。

 西武はメットライフドームで行われたオリックス戦で11-3で大勝。2カードぶり勝ち越しで勝率5割復帰した。同点で迎えた5回、無死一、三塁から外崎の左前適時打で勝ち越し。続く無死一、二塁では山川の左越え6号3ランでリードを広げた。投げては先発の高橋光が6回6安打3失点で2勝目。また、源田は7回に代走で途中出場したものの、新人からのフルイニング出場、連続試合出場が299試合でストップした。オリックスは吉田正が初回2号ソロ、6回3号2ランと引っ張ったが、投手陣が12安打11失点。3カードぶりに負け越した。

 日本ハムは札幌ドームで行われたロッテ戦で3-1で逆転勝ち。今季初の同一カード3連勝を飾り、貯金1とした。1点を追う7回、2死一、三塁から松永の暴投の間に同点に。同一、二塁からは二塁走者・西川が三盗。捕手・田村の三塁悪送球の間に西川は勝ち越しを踏んだ。さらに、同二塁からは近藤の左越え適時二塁打で加点。2死走者なしから3点を奪って試合を引っくり返した。先発の有原は7回4安打1失点に抑え、2勝目を挙げた。ロッテは腰痛から復帰した開幕投手の石川が5回4安打無失点と試合を作ったが、3番手の松永が誤算。4連敗でリーグ最速で10敗目を喫した。今季2度目の同一カード3連敗。

【14日終了時点】
1ソフトバンク 9勝4敗2分 -
2楽天 8勝5敗1分 1.0
3日本ハム 7勝6敗2分 1.0
4西武 7勝7敗0分 0.5
5オリックス 4勝7敗3分 1.5
6ロッテ 4勝10敗0分 1.5(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)