【MLB】菊池雄星、6回3失点の力投もメジャー初黒星 3度目QSも開幕5戦勝ちなし

MLBマリナーズの菊池雄星、今季5度目の先発で6回3失点の力投もメジャー初黒星

記事まとめ

  • マリナーズの菊池雄星がインディアンス戦に先発し、6回5安打3失点でメジャー初黒星
  • 菊池は今季3度目のクオリティースタートを達成も、打線の援護なくチームは4-6で敗れた
  • 3回までに5安打2四球を許すも4回以降は安打を許さず、92球中56球がストライクだった

【MLB】菊池雄星、6回3失点の力投もメジャー初黒星 3度目QSも開幕5戦勝ちなし

【MLB】菊池雄星、6回3失点の力投もメジャー初黒星 3度目QSも開幕5戦勝ちなし

インディアンス戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

3回までに5安打2四球を許すも、4回以降は安打を許さず3度目のQS達成

インディアンス 6-4 マリナーズ(日本時間16日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手が15日(日本時間16日)、本拠地インディアンス戦に今季5度目の先発し、6回5安打3失点でメジャー初黒星を喫した。今季3度目のクオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)を達成したが、打線の援護なくチームは4-6で敗れ、開幕5戦連続勝ちなし。防御率は4.23となった。

 メジャー初勝利をかけた菊池は初回。簡単に2死を奪ったが中前打、四球で一、二塁とするとH.ラミレス、キプニスに連続タイムリーを浴びいきなり2点を失った。

 2点ビハインドの3回には先頭のJ.ラミレスに90.5マイル(約146キロ)の直球を左翼席へ運ばれ3点目を許す。しかし、4回以降はリズムを掴み、6回まで安打を許さない粘りの投球。6回5安打3失点で降板し、92球中56球がストライクだった。

 インディアンス先発バウアーに6回まで1点に抑えられていた打線は8回に反撃。エンカーナシオンの5号2ランで開幕から19試合連続本塁打を記録すると、続くナルバエスにも3号ソロが飛び出し一時は1点差に詰め寄ったが、チームは4-6で敗れ4連敗を喫した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)