【MLB】ダルビッシュ完全復活への鍵は四球減か ここまでリーグワースト15四球

ダルビッシュ有がマーリンズ戦で今季初勝利 今季先発4試合でナ・リーグの四球王に

記事まとめ

  • カブスのダルビッシュ有がマーリンズ戦で5回2/3を投げ、今季初勝利をマークした
  • 330日ぶりの白星を上げたダルビッシュだが、今季先発4試合で現在ナ・リーグの四球王
  • ダルビッシュは、メジャーで通算1088奪三振を記録する一方、343四球を与えている

【MLB】ダルビッシュ完全復活への鍵は四球減か ここまでリーグワースト15四球

【MLB】ダルビッシュ完全復活への鍵は四球減か ここまでリーグワースト15四球

今季初勝利を挙げたカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

MLB公式メッツ番記者がツイッターで紹介

 カブスダルビッシュ有投手が15日(日本時間16日)の敵地マーリンズ戦で5回2/3を投げ、4安打8奪三振2失点で今季初勝利をマークした。330日ぶりの白星を上げたダルビッシュだが、今季先発4試合で現在ナ・リーグの四球王となっている。

 MLB公式サイトでメッツ番記者のアンソニー・ディコモ氏がツイッターで17日(日本時間18日)の敵地フィリーズ戦で7回3失点の力投報われず、敗戦投手となったメッツのザック・ウィーラー投手について試合中に速報した。

「ザック・ウィーラーの9回平均の6.87という与四球率はナ・リーグでユウ・ダルビッシュとマイケル・ワカに続く、3番目にワーストの数字だ。彼の14四球はダルビッシュとロビー・レイにわずかに続くものだ」

 ウィーラーは今季1勝2敗で防御率6.35と乱調のシーズンを迎えているが、ダルビッシュの今季15四球はナ・リーグワースト(メジャーワースト2位タイ)。与四球率7.64は規定投球回到達者でメジャーワーストとなっている。なお、ここまでのメジャー最多四球はロイヤルズのケラー投手の17となっている。

 マーリンズ戦後に4四球について質問を受けたダルビッシュは流暢な英語で「自分はユウ・ダルビッシュ。四球を出す男なんだ。以上!」と語り、地元記者の爆笑を呼んでいた。

 メジャーで通算1088奪三振を記録する一方、343四球を与えているダルビッシュ。10日のパイレーツ戦では無四球だったが、四球を減らすことも完全復活への一歩となるかもしれない。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)