【MLB】3敗目を喫したダルビッシュをマドン監督は擁護「悪いパフォーマンスではない」

【MLB】3敗目を喫したダルビッシュをマドン監督は擁護「悪いパフォーマンスではない」

本拠地でのDバックス戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

初回に2者連続でソロ本塁打を浴び、いきなり2点を失ったダルビッシュ

■Dバックス 6-0 カブス(日本時間21日・シカゴ)

 カブスのダルビッシュ有投手は20日(日本時間21日)、本拠地でのダイヤモンドバックス戦に先発し、5回5安打3失点で今季3敗目を喫した。打線が無得点に終わり、黒星を喫したカブスのジョー・マドン監督は「彼は3点に抑えたわけだが、悪いパフォーマンスと言うわけではない。彼は相手のバランスを崩し続けていた」とコメントし、ダルビッシュを擁護した。

 初回、エスコバーとペラルタに2者連続の本塁打を浴び、2点を失ったダルビッシュ。2回にも連続四球でピンチを招き、犠打と犠飛で1点を追加された。指揮官は「序盤にもっと早く落ち着きを見せて、そこから進んでいかなければならない。それは私も同感だ」と立ち上がりの不安定さを指摘した。

 ただ、3回以降、徐々に調子を上げていった投球に「試合が進むにつれて球速も上がっていったし、変化球もキレが増していた。総合的には、悪いパフォーマンスではなかった」と評価した。5回を投げて88球。リードを許していたこともあり、5回裏の攻撃で打席が回ったところで代打を送られて、ダルビッシュは降板となった。

 今季初登板で7四球を与え、前回のマーリンズ戦でも4四球をあたえていた右腕だが、この日は3四球。88球のうち、ストライクが50球と制球面で改善が見られており、マドン監督は「大部分では彼はストライクをより多く投げるようになっていた。序盤の本塁打が実際の投球の印象を損ねてしまっているだけだ」とも語っていた。(木崎英夫 / Hideo Kizaki)

関連記事(外部サイト)