【MLB】大谷翔平、オースマス監督から柵越え9発 フリー打撃で“対決”が実現

エンゼルス大谷翔平とオースマス監督が“対決” フリー打撃32スイングで9本柵越え

記事まとめ

  • エンゼルスの大谷翔平投手が日本時間21日、本拠地マリナーズ戦の試合前練習に参加した
  • 2日続けての打撃練習では打撃投手をオースマス監督が務め、32スイングで9本柵越え
  • 大谷は来週中にも実戦形式の打撃練習となるライブBPを行う予定となっている

【MLB】大谷翔平、オースマス監督から柵越え9発 フリー打撃で“対決”が実現

【MLB】大谷翔平、オースマス監督から柵越え9発 フリー打撃で“対決”が実現

エンゼルス・オースマス監督と打撃練習で“対戦”した大谷翔平【写真:盆子原浩二 】

指揮官が打撃投手を務め、大谷は32スイングで9本の柵越えを放つ

 エンゼルス大谷翔平投手が20日(日本時間21日)、本拠地マリナーズ戦の試合前練習に参加し、ブラッド・オースマス監督と“対戦”した。

 前日に、トミー・ジョン手術後初めてチームメートたちとの打撃練習に合流した大谷。2日続けての打撃練習では、打撃投手をオースマス監督が務めた。初めて指揮官のボールを打ち返した大谷は32スイングで9本の柵越えを放った。

 打撃練習前には、本拠地でベースランニングなども行い、復帰に向けて精力的に練習を行った。大谷は来週中にも、実戦形式の打撃練習となるライブBPを行う予定となっている。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

関連記事(外部サイト)