鷹・周東、プロ初安打が3ラン 2軍でも本塁打ゼロ、同僚も本人も驚き「ビックリです」

鷹・周東、プロ初安打が3ラン 2軍でも本塁打ゼロ、同僚も本人も驚き「ビックリです」

3ラン本塁打を放ったソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】

高木勇のスライダーを右翼席へ「練習でもあんな打球打った記憶ない」

■西武 – ソフトバンク(21日・メットライフ)

 ソフトバンクの周東佑京内野手が21日、敵地での西武戦でプロ初安打となる1号3ランを放った。

「2番・左翼」でスタメン出場を果たした周東。8点リードの5回2死一、三塁の場面で第4打席を迎えると西武・高木勇が投じた139キロの直球を強振すると打球は右翼席へ飛び込んだ。プロ初安打が試合を決定付ける1号3ランを放った周東はベンチで手荒い祝福を受けた。

 周東は2軍戦でもホームランを打ったことがなく、“正真正銘“のプロ初本塁打。まさかの一撃に、ベンチにいた工藤公康監督やチームメートたちも一様に驚きの表情を浮かべていた。

 打った周東はベンチへ戻ると、球団を通じて「打ったのはストレートです。真っ芯で打つ事が出来ました。練習でもあんな打球を打った記憶がないので、自分でもビックリですが、素直に嬉しいです」とコメントしていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)