西武高橋光、今季最短4回6失点でKO「ボール続きでカウントを…」

西武高橋光、今季最短4回6失点でKO「ボール続きでカウントを…」

4回6失点で降板した西武・高橋光成【写真:荒川祐史】

3回に先制を許すと、4回に崩れて大量5点を失う

■西武 – ソフトバンク(21日・メットライフ)

 西武の高橋光成投手が、今季ワーストとなる4回6失点でノックアウトされた。21日のソフトバンク戦(メットライフ)に先発したが、鷹打線につかまり、早々と降板した。

 ここまで2勝をあげている高橋光。初回はわずか5球でソフトバンク打線を3者凡退に抑え上々の立ち上がりを見せたが、3回に8番甲斐にソロ本塁打を浴び先制を許した。4回には味方の失策で先頭のデスパイネを出塁させると、一気に崩れ、この回大量5失点。今季自己最短の4回でノックアウトされた。

 高橋光は「ボール続きでカウントを悪くしてしまい、甘いボールを打たれてしまった。自分自身の気持ちのコントロールができませんでした」とうなだれた。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)