西武、今季ワースト16失点に辻監督もため息 「平成最後がこれじゃあね…」

西武、今季ワースト16失点に辻監督もため息 「平成最後がこれじゃあね…」

西武・辻監督【写真:荒川祐史】

先発高橋光が4回6失点、2番手高木勇も1回5失点など投手陣が総崩れ

■ソフトバンク 16-5 西武(21日・メットライフ)

 西武が今季ワースト16失点でソフトバンクに敗れた。先発した高橋光が4回6失点と崩れ、2番手の高木勇が1回5失点とソフトバンク打線の勢いを止めることができなかった。打線は外崎の3号ソロなどで5点を返し反撃ムードを見せたが、9回に4番手の齊藤大が2者連続ホームランを浴びるなど4失点と突き放されチームは5-16で敗戦した。

 この日は平成最後のメットライフドームでの試合だったが、辻監督は「平成最後がこれじゃあね……」とため息。先発の高橋光については「まっすぐがひっかかって、よくなかったね」と話し、2人で9失点した高木勇と齊藤大については「見ての通り。怖いのかな? もっと攻めないと」と厳しい言葉を並べた。

 さらに「1ストライク取って、2球目に打たれるのはやっちゃいけない。もっと厳しいところに投げないと」と周東の3ラン、松田に浴びたソロホームランについても苦言を呈していた。

 先発を含め4投手全てが失点し4被弾と“投壊”でカード負け越しが決まり、辻監督は「耐えるときだね。前を向くしかない。明後日からまた全力でやるしかない」と気持ちを切り替えていた。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)