西武、16失点大敗で高木勇&齊藤大が2軍降格 小野C「投球の意図が見えない」

西武、16失点大敗で高木勇&齊藤大が2軍降格 小野C「投球の意図が見えない」

1回5失点で降板した西武・高木勇人【写真:荒川祐史】

十亀とドラフト4位ルーキー・粟津が昇格へ

■ソフトバンク 16-5 西武(21日・メットライフ)

 西武は21日、今シーズンワーストの16失点でソフトバンクに大敗した。2番手で登板し1回5失点の高木勇と4番手で1回4失点の齊藤大が2軍降格。代わりに十亀とドラフト4位ルーキー・粟津が今季初昇格することになった。

 先発の高橋光が4回6失点とノックアウトされたが、2番手の高木勇がさらに5失点と傷口を広げた。3番手の佐野は3回1失点と踏ん張り、打線も5点を奪って反撃ムードが高まったが、9回の齊藤大が4失点と誤算だった。

 試合後、小野投手コーチは「高木勇と齊藤大は投球の意図が見えない。カウントをよくしても、決め球が甘い。もう少し向かって行く姿勢がほしい」と2投手に再調整を命じた。代わりに8年目の十亀と、4位ルーキーの粟津がそろって今季初昇格する。十亀はロングもしくは先発要員として、粟津も中継ぎ要員の予定となっている。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)