【野球と音楽】仮面女子・猪狩ともかインタビュー、西武との出会いと魅力…ファン感で選手に車選びを相談!?

【野球と音楽】仮面女子・猪狩ともかインタビュー、西武との出会いと魅力…ファン感で選手に車選びを相談!?

仮面女子の猪狩ともかさん【写真:荒川祐史】

幼い頃から地元埼玉の西武を応援し続けた猪狩ともか、ファンになったきっかけは…

 野球と音楽――。ほとんど接点を持たない2つの別世界に見えるが、意外や意外、野球界にはコアな音楽好きが多く、音楽業界にも熱狂的な野球ファンが溢れている。

 今回は、2年連続リーグ優勝、そして辻監督のもとで悲願の日本一を目指す西武を熱狂的に応援する勝利の女神が主役だ。猪狩ともか。アイドルグループ仮面女子の主要メンバーであり、幼い頃から地元埼玉の西武ライオンズを応援し続け、念願叶って、2017年に夢にまで見た西武ドームで始球式を行った。

 球団からもファンからも彼女のライオンズ愛がようやく認められた瞬間だったが、そんな矢先の翌年4月に思いもよらぬ不慮の事故が彼女を襲い、突然、車椅子生活を余儀なくされた。選手もファンも大きなショックを受ける中、彼女は懸命にリハビリに耐え、わずか4か月半という驚異的なスピードで復活を遂げ、再び西武ドームのグラウンドに立った。そこで待っていたのはまるで逆転優勝の立役者に贈られるような大きな拍手と歓声だった。カムバック賞が選手以外の関係者も対象だったら、きっと昨年は彼女に授与されただろう。

 そんな猪狩ともかが、いよいよ5月1日に仮面女子として本格的なカムバックを果たす。シリーズ「野球と音楽」。今回は仮面女子・猪狩ともかの大好きな西武について特集する。ライオンズ情報をサポートしてくれるのはライオンズ・レポーターとしてもおなじみの安藤かなみ。現在、Full-Countの西武担当を務めるが、安藤と猪狩は地元も近く同い年。そんな2人のライオンズ女子によるガールズ野球トークも交えながら3回に渡ってお届けする。

――猪狩さんがライオンズファンになったきっかけから教えて下さい。

猪狩「きっかけは私の母です。母はライオンズファンだった職場の同僚の影響で好きになり、母に連れられて私も球場に行ったのが始まりです。幼稚園の年長だったかな? レオくんとライナちゃんに会いに行くのが楽しみでした」

――当時の選手を覚えます?

猪狩「はい。一番初めに好きになったのが、松井稼頭央さん(現西武2軍監督)。昔、プリクラテレカという機械が球場にあって、松井稼頭央さんのフレームで一緒に写っているみたいなテレフォンカードを作りました(笑)」

ファン感で当時西武の野上に「日産のおすすめの車を教えて下さい」

――自ら球場に行くようになったのはいつ頃からですか?

猪狩「高校生からです。球場でアルバイトをしたくて、アイスクリームの売り子を始めたんです。そこで、球場をぐるぐると回っているうちに、なんとなく野球のルールもわかってきて、例えば歓声を聞きながら『こっちに点が入ったのかな?』とか、『いまはこっちが有利かな?』とか、耳で確認して、一瞬チラッとグランドに目をやると『やっぱりそうだ!』みたいな(笑)。そんな感じで覚えていって、休みになると友達と一緒に試合を観に行きました」

――当時のライオンズの思い出といえば、やはり2008年の日本一ですか?

猪狩「そうですね。2008年は本格的にファンになってから初めての優勝だったので、よく覚えてます。優勝パレードやファン感謝祭にも初めて行って、試合を見るだけじゃなくて、選手との交流の場に足を運ぶ楽しさもその時に知りました。当時、初めて野球をしていない選手を近くで見て、『うわー近い!』って興奮しました(笑)」

Full-Count編集部・安藤かなみ(以下FC安藤)「わかります。最初って近寄っても大丈夫なのかなって思っちゃいますよね?」

猪狩「そうですね。実際、観客席で見るよりも意外に大きいと感じる選手も多かったですね」

――ファン感謝デーで選手とどんな話をしましたか?

猪狩「この話は初めてしますけど、ファン感謝デーで選手と触れ合えるコーナーがあって、野上亮磨投手(現巨人)とお話ができるチャンスがきたんです。それで当時マイカーの購入を考えていたので『そうだ! 野上さんは日産自動車出身だからクルマの話を聞こう!』と思って『クルマを買おうと思っていて、日産のおすすめの車を教えて下さい』って言ったら『んー、、、じゃあキューブで!』と言われて、即決で買って、4年くらい乗っていました(笑)」

一同(笑)

――(笑)。そんな質問したのは猪狩さんだけでしょうね。その後、野上投手に購入した報告は?

猪狩「いやいや、してないです(笑)。絶対覚えてないですよ」

――こちらの写真は2008年のファン感謝デーで撮影したものですね。

猪狩「はい。お姉ちゃんと一緒に渡辺久信監督(現GM)と撮った写真です。友達から『週刊ベースボールに出てたね!』って言われて、この写真が載っていたのでビックリしました。後日、出版社さんに大きなサイズで送っていただき、サインは後になって書いていただきました。今は自宅の玄関に大切に飾っています。

――他にライオンズの思い出を上げるとしたら?

猪狩「いっぱいありますけど、2015年の森本稀哲さんの引退試合は印象的でしたね。残念ながら会場で観ることはできませんでしたが、稀哲さんを打席に立たせてあげようとするライオンズの選手の皆さんの思いが伝わってきて、テレビや動画を何度も繰り返し見て感動しました。今でもたまに見返します」

「チャンテのセンスとかも、すっごくいいなって思います」

――高校生の頃の猪狩さんは、どんな風に野球を楽しんでいましたか?

猪狩「そうだなぁ……全体的にフラットに見ていたような気がします」

――当時、いち押しだった選手は?

猪狩「岸孝之投手(※現楽天)を応援していました」

――その岸投手は楽天に移籍して、野上投手は巨人に移籍して、応援していた選手が他のチームに移ったから今度はそっちのチームを応援しようとはならなかったんですね。

猪狩「なかったですね。それってアイドルファンの心理と同じで、仮面女子を卒業して、別のアイドルグループに入ったとして、◯◯ちゃんのファンだから、そっちについていくって言う人もいますし、反対に『仮面女子の新しい推しメンを探そう!』みたいな人もいますし」

――猪狩さんは?

猪狩「後者ですね。やっぱり埼玉出身なんで地元のチームを応援したいですから」

FC安藤「ライオンズのファンって熱いですよね。応援もまた熱いんですよ」
猪狩「ですよね。チャンテ(=チャンス・テーマ)のセンスとかも、すっごくいいなって思いますね。あとチャンスの時に球場全体に旗がなびくんですよ。その光景が大好きなんですよ」

FC安藤「『Flag to Victory』ですね。あれはきれいですよね。見たことない人は是非この光景を見てほしいです。それとライオンズの応援歌『チャンステーマ4』は男女パートが分かれていて、とても迫力があるんですよね。他のチームを応援する友人もこの『チャンステーマ4』を近くで聞きたいという理由で、ライオンズの外野席に近い席を購入するらしいですよ」

猪狩「私の甥っ子も2歳の時から『ラーラーラー』って一緒に歌ってましたから(笑)」

――アイドル活動が始まってからは、なかなか野球観戦の機会も作れないんじゃないですか?

猪狩「そうですね。でも今は試合の生配信があるので、ステージの待ち時間や練習の合間にチェックしています」

――野球好きのミュージシャンがライブと野球中継が重なって、出番前ギリギリまで試合をチェックしたり、アンコール前にまた経過をチェックしたりといった話はよく聞きますが、猪狩さんも?

猪狩「はい。もちろんです。私もステージにスマホを置かせてほしいって何度も思ったことがあります(笑)」

FC安藤「例えば、最初の出番前に負けていて、次の出番前は逆転してとか、ステージに出る度にテンションがクルクルと変わったりしません?」

猪狩「アハハ。あるかも!」

FC安藤「あとステージでも野球の話はします?」

猪狩「メンバーはあまり野球に詳しくないので、ステージでは話さないですね」

FC安藤「じゃあ撮影会でファンの方が試合経過を知らせてくれたり?」

猪狩「それはありますね。物販中に握手会で『負けちゃったよー』とか試合結果を教えてくれるファンの人たちもいますよ」

――例えば仮面女子をあまり知らない西武ライオンズファンが猪狩さんに興味を持ってライブに来るなんてことはあったりします?

猪狩「ありますよ。アイドル好きのライオンズファンは定期ライブに遊びに来てくれますね。普段アイドルのライブを見ないライオンズファンの皆さんは、フリーライブに来て下さる方が多いですね」

◆猪狩ともか 告知

仮面女子ワンマンライブ開催決定!!
新たなスタートを切った新生仮面女子が約4年ぶりのワンマンライブ開催!!
『仮面女子の世界』
2019年5月1日(水祝)@舞浜アンフィシアター
開場16:00 開演17:00
詳しくは公式HPへ(福嶋剛 / Tsuyoshi Fukushima)

関連記事(外部サイト)