G菅野&坂本、阪神梅野、DeNA今永、古巣復帰の燕五十嵐も【セ月間MVP候補】

G菅野&坂本、阪神梅野、DeNA今永、古巣復帰の燕五十嵐も【セ月間MVP候補】

阪神・梅野隆太郎【写真:荒川祐史】

阪神・西、広島・床田&野間らがノミネート

 セントラル、パシフィック両リーグは22日、3、4月に最も活躍した投手、打者に贈られる「大樹生命月間MVP」の候補選手を発表した。

 セ・リーグ投手部門では21日時点で10選手が候補入りした。DeNAの今永昇太(2勝1敗、防0.87、32奪三振)、阪神の西勇輝(2勝2敗、防1.50、23奪三振)、巨人の菅野智之(3勝1敗、防2.12、27奪三振)、メルセデス(2勝1敗、防御率2.45、18奪三振)、山口俊(3勝0敗、防2.57)、ヤクルト・原樹理(2勝0敗、防2.25)、広島・床田寛樹(3勝1敗、防2.30)、中日・柳裕也(2勝0敗、防2.73)、笠原祥太郎(2勝0敗、防2.75)がノミネート。規定投球未満ながらヤクルト・五十嵐亮太(9登板、3勝0敗、防1.08)も選ばれている。

 セ打者部門では21日時点で8選手がノミネート。阪神の梅野隆太郎捕手(打率.358、1本塁打、7打点)、巨人の坂本勇人内野手(打率.356、5本塁打、10打点)、広島・野間峻祥(打率.333、1本塁打、5打点)、鈴木誠也(打率.286、7本塁打、18打点)の両外野手、DeNA・筒香嘉智外野手(打率.333、6本塁打、15打点)、中日の大島洋平外野手(打率.333、5打点、8盗塁)、ビシエド内野手(打率.333、5本塁打、17打点)、ヤクルト・山田哲人内野手(打率.319、4本塁打、14打点、7盗塁)がノミネートされた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)