【野球と音楽】仮面女子・猪狩ともかが語る…ライオンズ女子による選手&グルメの“萌えトーク”

西武の熱狂的ファン、仮面女子・猪狩ともかが語る 注目選手は佐藤龍世と高木勇人

記事まとめ

  • 西武の熱狂的ファン、仮面女子・猪狩ともかが注目選手と球場グルメを語った
  • 注目している選手は佐藤龍世で、猪狩の家では『右の坂田選手』と呼んでいるという
  • もう一人の注目選手は高木勇人で、「トークがものすごく面白くて」と話している

【野球と音楽】仮面女子・猪狩ともかが語る…ライオンズ女子による選手&グルメの“萌えトーク”

【野球と音楽】仮面女子・猪狩ともかが語る…ライオンズ女子による選手&グルメの“萌えトーク”

仮面女子の猪狩ともかさん【写真:荒川祐史】

西武の熱狂的ファン・猪狩ともかが注目している選手は…「右の坂田選手」

 Full-Countがお送りする野球と音楽をつなげるインタビュー・シリーズ。今回はパ・リーグ連覇と日本一を目指す西武を熱狂的に応援する勝利の女神、仮面女子の猪狩ともかのロング・インタビューを3回に渡って掲載。2回目は今年からFull-Countの西武担当を務める安藤かなみ(以下、FC安藤)と猪狩ともかのライオンズ女子による「注目選手」「球場グルメ」のガールズトークをお届けする。

――現在のライオンズの選手についてお聞きします。オフシーズンも選手の活動をまめにチェックされているとお聞きしましたよ。

猪狩「はい。先日テレビのバラエティー番組にライオンズの選手が出演されていて、他のチームの選手はあまり喋らないから、タレントさんたちがフォローしてましたが、ライオンズの選手は、自分たちから積極的にしゃべるんですよ(笑)。すごくバラエティーに向いてると思います」

FC安藤「私も見ました! ライオンズの選手、面白かったですよね(笑)」

猪狩「面白かったです。秋山(翔吾)選手ってすごく真面目なイメージなんですけど、面白いことをいっぱい言ってて、それが意外で、さらに好きになっちゃいましたね」

FC安藤「秋山選手はシーズン中、不調の時もしっかり話してくれるんですよ」

猪狩「へえー、それは偉い!」

FC安藤「これぞキャプテンです!」

――今シーズン、猪狩さんが注目している選手を教えて下さい。

猪狩「注目のルーキーは佐藤龍世選手です。我が家では『右の坂田選手』と呼んでいます」

FC安藤「猪狩さんもなんですね! というのは、みんな口を揃えて、そう言うんですよ。バッティングフォームがそっくりだからかな?」

猪狩「そうなんです。ルックスも遠くから見ると横顔がちょっと似てますよね?」

FC安藤「なるほど。ちなみに佐藤選手はご実家が漁師を営んでいるので、大漁旗を持って入寮したんです。とっても元気があって、報道陣にも女性陣にも大人気なんですよ」

猪狩「へえー、そうなんですね! 森選手や山川選手と一緒にいるイメージがありますよね」

FC安藤「時々グランドで『森さん、待ってくださーい』って声が聞こえてきますし、人懐っこい印象の選手ですね」

猪狩「かわいい!」

FC安藤「バッティングもすごく良くて、タイプ的にはオリックス時代の小谷野さん(現楽天コーチ)のようなポイントゲッター的な活躍をしてくれるんじゃないかなと期待しています」

「選手を母性で見るところがありますから(笑)」

猪狩「それで思い出したんですが、先日(4月7日の日本ハム戦)、戸川(大輔)選手と佐藤選手が初めて一緒に内野の守備につきましたよね」

FC安藤「佐藤選手がヒットを打った日に戸川選手がファーストの守備について、北海高校出身の2人が一塁と三塁にいて」

猪狩「そうそう! そうそう!」

FC安藤「これは本当にエモ過ぎる出来事でしたよね。ぐうエモです!!」

猪狩「アハハ。ぐうエモって言葉は初めて聞きましたけど、わかるー」

FC安藤「『バックグラウンド萌え』ですよね?」

猪狩「そう(笑)。野球だけじゃなくて、その人のバックグラウンドを知れば知るほど面白いんですよ。もともとは同じ高校の同級生だったけど、プロに入ってチームも分かれて、でも紆余曲折して再び巡り会うみたいな」

――まさにドラマだ

FC安藤「ぐうエモです!」

一同(笑)

猪狩「『バックグラウンド萌え』でいうと、愛斗選手と(西川)愛也選手はともに花咲徳栄高校から西武ライオンズに入団して、しかも2人とも名前に『愛』という漢字ですよ! ドラマチックですよね。だから女性って、そういう風に楽しみがちなんですよきっと」

――なるほど。男性はついスポ根的な視点だったり、数字やデータで野球を見がちですが、同じ野球観戦でも男性と女性では視点が大きく違いますよね?

猪狩「そうです。選手を母性で見るところがありますから(笑)」

FC安藤「わかります。初ヒットとか打つと我が子が打った気持ちになりますよね?」

猪狩「そうなんです!」

FC安藤「『私が産んだ』って意識はありませんか?」

猪狩「アハハ。そこまではないかも。でもドラフトを見ながら誰と誰が『ライオンズの人』になったのかチェックして、その瞬間から『うちの子』になりますから(笑)」

FC安藤「注目しているルーキーがどこの球団に行ったのかライオンズ以外の選手もチェックしておくと2軍の試合で彼らの活躍が見られますから楽しいですよ」

猪狩「私も甲子園で活躍した◯◯さんがどこに入ったのか、チェックします」

――猪狩さんは高校野球も毎回チェックしているんですよね。でも巡り巡って、因縁の2人が一緒のチームで戦うとか、時代を経て再び対決するとか昔からありますよね?

猪狩「そうです! ドラマがあるんです。選手のことも知れば知るほど野球の楽しみ方ってどんどん増えてくると思います。例えば金子(侑司)選手と源田(壮亮)選手って、とっても仲が良いので、金子選手が出塁してる時に、源田選手がホームランを打ってベンチに帰ってきた時のふたりのハグとか。そういった選手同士の関係性にも注目すると、面白いかも」

――猪狩さんの注目選手、もうひとり教えて下さい。

猪狩「高木勇人投手ですね。トークがものすごく面白くて。初めてファンの前でしゃべったのは多分、1月の壮行会だったと思います。『ライオンズの印象はどうですか?』ってインタビューされると『コンプライアンスがしっかりしていて』って答えたんです(笑)。その真剣さと面白さが、ライオンズファンのハートをグッとつかみましたね。また私が入院中にツイッターで応援コメントを書いてくださったんです。見覚えのあるブログだなと思ったら、私の投稿を引用してくれて『これから僕もがんばります』って。ものすごく嬉しかったです」

FC安藤「高木投手は以前、先発で7、8回まで投げた後に『疲れていない』というコメントを残していたので『なぜ疲れないんですか?』って聞いたら『野球が好きだから力が湧いてくる』って。本当にナチュラルに野球が好きな人なんだなって」

猪狩「ですね。今シーズンはお立ち台にいっぱい立ってもらいたいです」

メットライフドームのグルメは「球界イチ」? 「グルメから野球に入っていくのもありだと思います」

――ライオンズのイチオシと言えば選手だけではありませんよね。次はメットライフドームのグルメ、いわゆる球場メシについてお聞きしたいのですが。

猪狩「他の球場を全部回ったわけではありませんが、メットライフドームのグルメの種類は球界イチだと言われていて、1000種類以上のメニューがあるんです!」

――1000種類ってすごい数です。

FC安藤「ライオンズの広報の皆さんも力を入れていて、いつも新メニューができると声をかけてもらえるんです」

――最近はどの球場でも選手がプロデュースしたお弁当は定番商品になっていますね。

猪狩「結構そういうのを買っちゃう派です」

FC安藤「浅村(栄斗)選手が移籍したので、人気のあった浅村選手プロデュースの『牛すじカレー』が食べられなくなったのは寂しいですけど、今年は移籍してきた内海(哲也)投手のプロデュースによる『ダブルチキン弁当』が追加されましたから。また若手選手が活躍すると、シーズン途中からでも新メニューとして加わることもありますので、佐藤龍世選手も活躍してもらって、ご実家の漁師さんにちなんだ『海鮮ちらし』とかできるといいですよね」

猪狩「それいいですね! 食べたーい」

FC安藤「ちなみに西武ドームではプロデュース・グルメを球場内で購入すると数種類のステッカーの中からランダムで1枚もらえるんです。お弁当を購入すると対象選手のポストカードがもらえるんですが、このポストカードに応援メッセージを書いて送ると、抽選で選手のサイン色紙もらえるんですよ」

猪狩「へえ。それは素敵、ファンには嬉しいですよね」

――猪狩さんはどんなメニューがお好きですか?

猪狩「夏はメロンソーダに、ホームランアイスバーが刺さっているスイーツが好きだったんですよ。それと中村(剛也)選手の『おかわり焼き』。大阪風のお好み焼きで、これもメッチャ美味しい!」

FC安藤「美味しいですよね! 私はたい焼きがレオの形になった『ライオンズ焼き』が一番好きです」

猪狩「私も好き! でも売り子時代にお世話になったサーティワンアイスクリームの『ドーム焼き』推しで(笑)。こちらは西武ドームの形をしたたい焼きなんです」

FC安藤「そう西武ドームには『対戦カード別グルメ』というのがあって『ドーム焼き』も『ライオンズ焼き』も、対戦チームによって中身の味が変わるんです。例えば楽天戦の場合は『ライオンズ焼き』はずんだ、『ドーム焼き』はりんごクリーム、ロッテになると『ライオンズ焼き』はチョコで『ドーム焼き』はミルクチョコレートとか。いろんな味が楽しめるんですよ。また一塁側と三塁側では売っているものも全然違いますし」

猪狩「内野指定の奥の方に行かないと食べられないものもあったりしますよね」

FC安藤「はい。ちなみに私は『もつ煮定食』をオススメしたいです」

猪狩「それは食べたことがないです」

FC安藤「ビジター側のお客さんの外野席にあるから、なかなかライオンズファンは食べられないんですけど、私のなかではナンバーワンの味です!」

猪狩「『狭山茶漬け』を売っている側ですね」

FC安藤「そう『狭山茶漬け』は急須でお茶を入れてくれるんですよね」

猪狩「鮭とか梅とかお茶漬けの種類が選べますし。寒い日は最高です」

FC安藤「……ごめんなさい。グルメの話になると、つい余計な事まで話してしまい(笑)」

――(笑)。球場グルメって各地で特徴がありますけど、こうやってひとつひとつ説明してもらうと1試合観戦したくらいでは、球場内のグルメは全然楽しめませんね。むしろグルメ目的で何度も球場に足を運びたくなりますよね。

猪狩「そのとおりですよ。野球をあまり知らない人たちの入り口としてグルメから野球に入っていくのも私はありだと思います」

――確かに。気に入ったグルメを味わいながら見る野球って、また気分も景色も違って見えますよね?

猪狩「グルメきっかけでライオンズのファンになってくれるのも嬉しいですよね」

◆猪狩ともか 告知

仮面女子ワンマンライブ開催決定!!
新たなスタートを切った新生仮面女子が約4年ぶりのワンマンライブ開催!!
『仮面女子の世界』
2019年5月1日(水祝)@舞浜アンフィシアター
開場16:00 開演17:00
詳しくは公式HPへ(福嶋剛 / Tsuyoshi Fukushima)

関連記事(外部サイト)