広島・緒方監督に厳重注意と制裁金10万円 NPBが発表

広島東洋カープの緒方孝市監督に厳重注意と制裁金10万円の制裁 日本野球機構(NPB)

記事まとめ

  • 日本野球機構は、広島の緒方孝市監督に対し厳重注意と制裁金10万円の制裁を科すと発表
  • 緒方監督は4日の巨人戦で、初回に菊池涼介内野手の走塁を巡ってリクエストを要求
  • リプレー検証後にさらに異議を唱えたことにより、退場処分を受けていた

広島・緒方監督に厳重注意と制裁金10万円 NPBが発表

広島・緒方監督に厳重注意と制裁金10万円 NPBが発表

広島・緒方監督【写真:荒川祐史】

4日の巨人戦でのリクエストによるリプレー検証後の抗議で退場処分となっていた

 日本野球機構(NPB)は7日、広島の緒方孝市監督に対し、厳重注意と制裁金10万円の制裁を科すと発表した。

 緒方監督は4日に本拠地マツダスタジアムで行われた巨人戦で、初回に菊池涼介内野手の走塁を巡ってリクエストを要求。リプレー検証後にさらに異議を唱えたことにより退場処分を受けており、それに対しての制裁となる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)