「地べたを這いつくばってでも…」元巨人投手→議員になった男からの強烈エール

「地べたを這いつくばってでも…」元巨人投手→議員になった男からの強烈エール

元巨人選手で現横須賀市議会議員の山本賢寿氏(左)と巨人・日本ハム・DeNAで活躍した林昌範氏【写真:楢崎豊】

林氏がずっと気になっていた山本氏のその後 「どういう流れで議員になったんだろう、と」

 元巨人、日本ハム、DeNAでプレーした左腕・林昌範氏がプロ野球選手のセカンドキャリアに着目。元チームメートで現在、横須賀市議会議員になった山本賢寿(けんじゅ)さんを訪ねた。現在38歳になった山本議員はプロ在籍2年、1軍登板はなかったが、2015年に無所属で当選。議員として2期目に入るなど第2の人生で奮闘している。

 賢寿さんは私より2歳年上。寮生活では仲良くさせていただきました。その先輩が引退後、議員さんになったと聞いたので、ぜひ会ってみたかった。

 私も引退後は、船橋中央自動車学校で勤務しています。地元に根付いた経営をするため、日々、勉強しながら働いているので、賢寿さんがどのように市民の皆さんと向き合っているのか聞いてみたいと思った。もちろん、なんでプロ野球選手から議員になったのかも……。

 議会のある横須賀市役所に到着すると、当時と変わらない姿で出迎えてくれた。巨人時代の思い出話に花が咲いたが、知らなかった苦悩も聞いた。

山本「久しぶり。ようこそ横須賀へ。会うのは何年ぶりだろうね。風呂場でよく話をしたよね。林は鮮烈デビュー(19歳で1軍先発)して、当時寮で一緒だった真田(裕貴)や條辺と『すごいな!アイツ、行ったわー』って、そんな話をしていたのを思い出す。懐かしい。俺は入団して肩のけがをしてしまったから、プロ野球はつらい思い出しかないかな。もう悔しさしかないよ……」

 真田は私と同学年のドラフト1位。今は巨人のスコアラーとしてがんばっている。條辺さんは埼玉でうどん店を営んでいる。私も引退し、賢寿さんは議員。みんな、それぞれの道を歩んでいる。

 当時のことを「すごいな!」と言っていただけたが、今の賢寿さんの仕事の方が私にとってはびっくりだし、すごいと思う。2年で現役引退後は野球を諦めきれず、オーストラリアで現役続行を目指すも、肩を痛めて断念したそうです。

山本「地元(横須賀)の期待を背負って巨人に行ったもんだから、なんかすごく居づらかったんだよね。地元に居れば、必ずそういう(現役を終えた)話になるじゃない? だから、思い切って海外に。でも、痛くて投げられなかったんだ」

 帰国後は一般企業などで勤務。野球スクールも立ち上げて、子供たちを指導していたそうです。私がずっと気になっていたのは「どういう流れで議員になったんだろう」、と。

山本「縁があったんだよね。地元で選挙の手伝いをしたり、その様子を見てきて、興味が湧いた。フツフツとね」

 賢寿さんも子供を持つ親となったこと、地元の子供たちに野球を教える中で、もっと街をよくしたい、と自分が行政へ声を届けようとか考えが思い浮かぶようになったのだと思う。2015年に無所属で立候補して当選。4年間の仕事の成果が出て、先日の選挙でも当選し、2期目に入った。本当にすごいと思う。

 当選できないかも……とか不安はないんですか?と思わず聞いてみた。

 山本「自信がないと選挙になんて、出られないでしょう。まぁ、勝負はふたを開けてみないとわからないけど、野球をやって培ってきた力もある。小さいころから鍛えられてきたし、とにかく前向きに自信持って活動していたかな」

 でも、実際、議員の方って何をしているかがわからない部分もある。

山本議員はスポーツに力を入れた街づくりを提唱 「プロ野球選手をしている時よりもやりがいがある」

山本「地方議員も年間を通して議会が設けられていて、会社でいう“取締役”的な立場。そうなると“社長”が市長かな。行政側が提出してきたものに関して、事業内容や数字、予算のチェックをする。常日頃から、市民のみなさんの希望、声を受け、現場を見に行って、行政につなぐ役まわり。4年に1回、選挙があるから、自分がやっている活動をチラシや街頭演説で伝える。まぁ、選挙の前だけでなく、やっている仕事をもう少し“見える化”しようとは思っているよ」

 やることが多いのは容易に想像できた。賢寿さんはスポーツ振興、子供たちの育成の他にも、高齢者スポーツを一緒にプレーするなど、年配の方に寄り添っていた。要介護率を下げることも目標のひとつのようだ。すごく楽しみながら、議員をやっている印象を受けた。

山本「やりがいはあるよね。プロ野球選手をしている時よりもあるかもしれない」

 戦力外通告を受けてクビになった選手、引退を決断した同世代の選手がよく言っているのは、「目標自体がなくなる」ということだ。現役の時はよく「引退した後の人生の方が長いんだからな」と言われていたが、当時は今を生きることで精一杯だった。誰もが一度は目標を見失う。でも、そこからどう立て直すかが大事なんだなと感じた。

山本「プロに入れるまで野球をやったという気持ちの強さは社会に出ても、違う畑でも応用が利くと思うんだ。やりたいことを一から始めればいい。それまで“プロ野球選手になるんだ!”とやってきた“看板”を書き換えて、自分で起業したいとか、こういう仕事に就きたいという気持ちに変えればいい。地べたを這いつくばってでも、探せばいい」

 賢寿さんのセカンドキャリア成功法はこういうところにある気がした。本当にそうだなと思う。投手だったら、高いマウンドで投げていた快感が忘れられない人はいっぱいいる。

山本「そこにしがみについてはダメだと思う。プロ野球選手であった過去は、どこかで持っていていいけれど、引きずってしまっては何をやってもうまくはいかない。プロにいた時代って、ちやほやされてきたじゃない? でも、そんなのは、あの世界だけのこと。一般社会ではそんなことはない。再スタートを切るのは時間かかるかもしれないけど、みんな絶対できると思う」

 私も最後はDeNAで現役を終えたので、練習場と寮のある横須賀にはお世話になったので、親近感がある。新しい施設も建設されるため、賢寿さんはベイスターズと一緒に街を盛り上げる取り組みも一生懸命、行っていた。巨人での2年間、けがで悔しい思いをして、地元に帰りづらいから日本も飛び出した。でも、今はその過去も受け入れて、胸を張って、仕事をしている。そんな姿を見て、野球人の後輩として、誇らしく思えました。

プロフィール 山本賢寿(やまもと・けんじゅ)1981年4月8日生まれの38歳。神奈川県横須賀市出身。横須賀市立工高(現横須賀総合)、帝京大から03年ドラフト6巡目で巨人入団。05年オフに戦力外通告を受け、引退。1軍登板はなし。その後は一般企業などに勤め、15年4月横須賀市議会議員に無所属で当選。19年4月の選挙でも当選し、2期目に入った。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

関連記事(外部サイト)