プロ野球、昭和、平成、令和を振り返る 各元号の最初、最後の勝利、試合は?

プロ野球、昭和、平成、令和を振り返る 各元号の最初、最後の勝利、試合は?

巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】

平成、令和、最初の勝利投手は巨人のエース、最初の本塁打も巨人の主軸内野手

 プロ野球は昭和11(1936)年に始まり、昭和、平成と二つの時代を越えて令和時代に入った。昭和、平成、令和の「最初と最後の試合」を見ていこう。

○昭和最初の試合 1936年

 昭和11(1936)年に日本職業野球連盟が設立された。それ以前にもプロ野球チームは存在したが、今のNPBへと続くリーグはこの時に発足した。連盟最初の試合は2月9日、愛知県の鳴海球場で行われた東京巨人軍対名古屋金鯱軍の試合だ。1日3試合が行われたが、第1試合は10-3で金鯱軍の勝ち。これは、アメリカに遠征する東京巨人軍の壮行試合。

 公式戦としては、4月29日甲子園球場で大東京軍対名古屋軍戦が最初の試合。この日は大東京軍、名古屋軍、大阪タイガース、名古屋金鯱軍、東京セネタース、阪急軍の6球団が集結したが、その第1試合が大東京軍対名古屋軍戦だった。

 この試合は、8対5で名古屋軍が勝利。日本プロ野球最初の勝ち投手は、名古屋軍の救援投手のハーバート・ノース。ハワイ出身の26歳の右腕。昭和最初の勝利投手は外国人選手だったのだ。ノースはサイドスロー、この年の7月には帰国し、NPBでは2勝5敗58.1回、防御率6.48に終わった。敗戦投手は大東京の左腕近藤久。この試合でホームランは出ず、プロ野球最初、そして昭和最初のホームランは5月4日の甲子園球場での大阪タイガース対東京セネタース戦で、タイガースの2番、藤井勇が野口明から打ったランニングホームランだった。

○昭和最後の試合 1988年

 昭和は昭和64(1989)年1月7日、昭和天皇の崩御によって終わった。昭和最後の試合は前年の昭和63(1988)年の最後の公式戦ということになる。まだこの時点では、昭和天皇はご存命だったから、これが最後の試合になるという認識はなかった。この年は、球界が大きく揺れた年だった。9月14日には南海ホークスがダイエーに身売りし、福岡に移転することが発表された。10月19日には阪急ブレーブスがオリックスに身売りすることも発表された。この日には、球史に残るロッテ対近鉄の「10.19」の名勝負が川崎球場で行われている。

 ペナントレースの最終戦は、10月23日、西宮球場での阪急対ロッテ戦。ダブルヘッダーで行われたが、その2試合目が昭和最後の試合。7-1で阪急が勝った。この日までに引退を表明していた阪急の大投手、山田久志が先発し、9回4安打自責点1で下し通算284勝目を挙げた。昭和最後の勝利投手は山田久志だった。最後の敗戦投手はロッテの平沼定晴。最後の本塁打は阪急、中島聡が平沼から打った。

 この試合は阪急ブレーブスの最後の試合でもあり、試合後、上田利治監督が37000人のファンの前で「ファンがいる限りブレーブスは生き続けます」とあいさつ。この中で上田監督は「去る山田、そして福本(豊)」とコメントした。福本豊はまだ引退を表明していなかったが、上田監督のこのコメントを受けて引退を表明。NPB最多の1065盗塁を記録した最高のリードオフマンも昭和最後の試合がラストゲームになった。阪急最後の試合だけに西宮球場は超満員。3万7000人が詰めかけた。

 なお、この試合に並行して中日対西武の日本シリーズが行われていた。その最終戦は10月27日西武ライオンズ球場で行われた第5戦。7-6で西武が勝利し、昭和最後の日本一となる。勝利投手は松沼博久だった。

平成最後の勝利は阪神、令和最初の勝利は巨人

○平成最初の試合 1989年

 年が明けて平成と改元されたNPBのペナントレースは4月8日にセパがそろって開幕戦を組んだ。しかし西武ライオンズ球場のロッテ対西武戦、藤井寺球場の近鉄対オリックス戦、ナゴヤ球場の中日対大洋戦は雨で中止。

 平成最初の試合は、この日、午後1時から東京ドームで始まった巨人対ヤクルト戦。1回に原辰徳(現巨人監督)が尾花高夫から平成第1号ホームランで先制。巨人は原の2本塁打などで6-2で勝利。9回6被安打自責点2で完投した桑田真澄が平成最初の勝利投手になった。負け投手は尾花。原はこれが通算250本塁打だった。ちなみにヤクルトの三塁手は2年目の長嶋一茂だった。観客は5万6000人と発表されている。

○平成最後の試合 2019年

 平成最後の試合は、平成31(2019)年4月30日、18時から甲子園で行われた阪神対広島戦先発は阪神が秋山、広島がアドゥワ。8-3で阪神が勝ち、阪神の先発、秋山拓巳が今季初勝利、平成最後の勝利投手になった。平成最後の本塁打は8回に広島のバティスタが打った左中間への第4号本塁打。小雨が降る中、4万6543人の観客が、「去り行く平成」の試合を見届けた。

○令和最初の試合 2019年

 翌5月1日、改元によって令和の時代が始まる。最初の試合は、ともに14時から始まった東京ドームの巨人対中日戦と、横浜スタジアムのDeNA対ヤクルト戦だったが、東京ドームが16時49分、横浜スタジアムが17時7分に試合が終了したので、令和最初の試合は東京ドームの巨人対中日戦になった。5-1で巨人の勝ち。

 令和最初の勝利投手は、中日を7被安打、自責点1で完投した巨人のエース菅野智之。最初のホームランは2回に坂本勇人が山井大介から左中間に打った8号ソロ本塁打だった。奇しくも平成、令和ともに巨人のエースが最初の勝利投手となり、初本塁打も巨人の主軸内野手が打った。巨人の監督は平成第1号本塁打を打った原辰徳だった。観客は4万6354人だった。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)