【女子プロ野球】「流れを切りたくない一心」―愛知ディオーネの連敗止めたエース里綾実の決意

【女子プロ野球】「流れを切りたくない一心」―愛知ディオーネの連敗止めたエース里綾実の決意

5回から3番手で登板した愛知ディオーネ・里綾実【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

1点リードで登板したエースが快投、連敗を4で止める

 伏見桃山球場で5日に行われた女子プロ野球・春季リーグ愛知ディオーネ-埼玉アストライアは4-3で愛知ディオーネが勝利した。

 埼玉アストライアは今シーズンいまだ勝ち星のない磯崎、愛知ディオーネはプロ初登板初先発となった一尾が先発。試合前、一尾は「緊張はしますが、今の自分の持っている力を全て出し切ります」と意気込んだ。

 試合は2回表、愛知ディオーネが8番・御山のヒットなどで1死一、三塁のチャンスをつくると、1番・西山がピッチャー強襲のタイムリーヒットを放ち先制。さらに4番・三浦にもタイムリーが飛び出すなどこの回一挙4点を挙げ、プロ初登板の一尾を援護した。

 今シーズン初の3連勝を狙うアストライアは序盤こそ一尾を打ちあぐねていたが、4回裏に3番・加藤、4番・今井の連打などで無死二、三塁のチャンスを作ると、5番・みなみがレフト前に2点タイムリーヒットを放ち反撃開始。するとここでディオーネベンチは一尾から2番手・坂東にスイッチするも、内野ゴロの間に1点を加えられアストライアに1点差に迫り試合は後半戦に入った。

 ディオーネは5回から3番手にエース・里を投入。先頭打者にヒットを許すものの、次の打者を併殺に仕留めるなど、好調アストライア打線の攻撃を3人で退けると、6回も3者凡退と圧巻のピッチングを見せる。一方のアストライア先発・磯崎は序盤こそ失点したものの、持ち前の緩急を武器に尻上がりに調子を上げ、3回以降はディオーネ打線に得点を許さない。

 最終回、里は3イニング目のマウンドへ。連敗を止めるという強い決意がボールに宿ったのか、ここも3人で締め試合終了。愛知ディオーネが連敗を4で止めた。

埼玉アストライアの磯崎は「ストライク先行で投げられるようにしっかり修正を」

 試合後、里は「今日は一尾選手の初登板でしたし初回に点を取れていい流れがあったので流れを切らせたくないという一心で自分のできることを精一杯出し切れました。登板した時から2点差あると思っていて、1点差だと気づいたのが最終回だったのでちょっと焦りましたが、気持ちを整理してしっかりやるべきことができました。連戦で厳しい戦いが続きますが、それは選手だけではなく同じ気持ちで戦ってくれているファンの皆さんも同じです! 年間通して気持ちを切らさずに応援してくれるファンの皆さんの笑顔のためにしっかり戦ってプレーで応えるので今後も応援よろしくお願いいたします」とファンに向けたメッセージも含めてコメントした。

 プロ初登板初先発となった一尾は3回0/3を2失点というほろ苦い投手デビューとなったが、二刀流としての可能性を十分に感じさせるピッチングを披露。 試合後は「先頭を出すことが多かったのと、ボール球先行でテンポが悪かったので、ストライク先行で投げるのと、先頭を抑えられるようにしていきます!」と次戦への登板に向けて意気込みを話した。

 アストライアは磯崎が7回136球を一人で投げぬいたものの、要所での守備・走塁のミスが響き、今シーズン初の3連勝とはならなかった。

 試合後、磯崎は、「今シーズン初めて泉由希菜選手とバッテリーを組み、私の持ち味を生かした配球を組んでくれましたが、それに応えられない投球となり、悔しさが残る結果となりました。開幕から自分に有利なカウントに持っていず、四死球に繋がるケースが多いことが、うまくチームに流れを持ってこられていない原因だと感じています。打たれたり、ピンチの場面でも、最少失点で抑えて攻撃に繋げるというのが私のピッチングスタイルですが、それができていないため、ビッグイニングを作ってしまっています。野手の守りやすいリズムでテンポよくストライク先行で投げられるようにしっかり修正していきます」と話した。

 エースが輝く持ち味の光るピッチングが見られる日が待ち遠しい。日本女子プロ野球リーグ

関連記事(外部サイト)