日本ハム・ロドリゲス危険球退場 149キロがオリ福田の右側頭部付近に直撃

日本ハムのブライアン・ロドリゲス危険球退場 149キロがオリ福田周平の右側頭部直撃

記事まとめ

  • 日本ハムのブライアン・ロドリゲス投手が9日、オリックス戦での危険球で退場となった
  • 6回2死から149キロのシュートが、オリックス・福田周平の右側頭部付近に直撃した
  • 福田のアピールにより審判団が協議の結果、頭部死球と判断しロドリゲスを退場とした

日本ハム・ロドリゲス危険球退場 149キロがオリ福田の右側頭部付近に直撃

日本ハム・ロドリゲス危険球退場 149キロがオリ福田の右側頭部付近に直撃

日本ハムのブライアン・ロドリゲス【写真:荒川祐史】

6回2死走者なしの場面でオリックス福田へ投じた149キロのシュートが頭部へ

■日本ハム – オリックス(9日・札幌ドーム)

 日本ハムのブライアン・ロドリゲス投手が9日、本拠地でのオリックス戦で危険球退場となった。6回2死から149キロのシュートが福田の右側頭部付近に直撃した。

 2点ビハインドで迎えた6回2死走者なし。ロドリゲスはカウント0-1から投じた149キロの直球が福田の右側頭部付近に直撃。球審は一度は頭部への死球と判断しなかったが、福田のアピールにより審判団が集まり協議の結果、頭部死球と判断しロドリゲスを危険球退場とした。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)