【MLB】菊池雄星の“松ヤニ疑惑”、ヤ軍ナインは不問に「気にしてるのは他の人たち」

マリナーズの菊池雄星投手に“松ヤニ使用疑惑” ヤンキースの選手は気にせず

記事まとめ

  • マリナーズの菊池雄星投手がヤンキース戦で3安打1失点と好投し10-1での勝利に貢献した
  • 米メディアやSNSでは、菊池雄星が帽子のツバに松ヤニをつけていたという疑惑が浮上
  • ヤ軍のアーロン・ブーン監督は「試合終盤で気づいた」と語ったが、選手は取り沙汰せず

【MLB】菊池雄星の“松ヤニ疑惑”、ヤ軍ナインは不問に「気にしてるのは他の人たち」

【MLB】菊池雄星の“松ヤニ疑惑”、ヤ軍ナインは不問に「気にしてるのは他の人たち」

2勝目を挙げたマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

菊池は9日のヤンキース戦で8回途中2失点の好投で2勝目、米メディアは松ヤニ疑惑を指摘

マリナーズ 10-1 ヤンキース(日本時間9日・ニューヨーク)

 マリナーズの菊池雄星投手が8日(日本時間9日)、敵地でのヤンキース戦で7回2/3、3安打1失点と好投し、10-1勝利に貢献した。今季2勝目を挙げた日本人左腕だが、米メディアやSNSでは帽子のツバに松ヤニをつけていたという疑惑が浮上する中、米地元紙「ニューヨーク・デイリーニューズ」では「ヤンキースは打線がキクチを攻めあぐねたことを、松ヤニのせいにはしていない」と特集。選手たちは問題視していない事実を指摘している。

 ほぼ完璧な投球でヤンキース打線をねじ込んだ菊池だが、ある“疑惑”の主人公となった。

 中継局「YESネットワーク」の試合中のカメラでは菊池の帽子のツバに異物が目立って付着しているシーンを捉えていた。滑り止めとして“松ヤニ”を使用しているのではないか、というものだった。米メディア「The Score」や地元紙「ニューズデイ」も報じるなど、米国で大きな話題となっていた。

 今回の特集では「ヤンキースの打線は水曜夜に大問題を抱えていたが、松ヤニは問題の1つなのか? マリナーズ左腕ユウセイ・キクチの帽子に黒い物質を映し出した映像に、ソーシャルメディア上では怒りが生まれた。だが、ヤンキースのクラブハウスでは、それ(激しい怒り)は共有されなかった」と報じている

選手は気にせず「全く無関係だと思う」「気にしているのは他の人たち」

 アーロン・ブーン監督は記者会見で「試合終盤で気づいた。そういう話がされているのが、私の耳に入った。8回頃に知らされた。後で確認してみる」と語ったという。

 一方、ヤンキースナインは“松ヤニ疑惑”を不問としている。キャメロン・メイビン外野手は「ほとんど気にならなかったよ。誰も気づいていないし、誰も何も言っていなかったし。そんなことよりもっと大きな問題を抱えていたんだ。それは、何とか得点を生み出し、出塁しようとすることだったんだけど、それ(松ヤニ)とは全く無関係だと思う」と話しているという。

 オースティン・ロマイン捕手も「どんどん攻めてきた。右打者にはバックドアスライダーを投げてきた」と菊池の好投を称賛した。そして、帽子の裏の物体については無関心を貫いた。「追加点を食い止める方法を見いだすのに手いっぱいだったよ。そんなことについて僕は話したりはしないんだ。気にしているのは他の人たちだよ」と語ったという。

 帽子のツバの裏で目立つ形でカメラが捉えてしまった菊池の黒い物質だが、3安打1失点に抑えられたヤンキースの選手たちは打撃不振の言い訳にせず。取り沙汰する様子も見せなかったという。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)