【MLB】大谷翔平、復帰後初のベンチスタート 降雨で試合開始4時45分に

エンゼルス大谷翔平が復帰後初のベンチスタート 敵地・オリオールズ戦で試合

記事まとめ

  • エンゼルス対オリオールズ戦は、降雨のため2時間40分遅れでプレーボールと発表された
  • 大谷翔平は復帰後初のベンチスタートで、途中出場から復帰初本塁打が注目される
  • オースマス監督は大谷について「予定通りの休養日」と話している

【MLB】大谷翔平、復帰後初のベンチスタート 降雨で試合開始4時45分に

【MLB】大谷翔平、復帰後初のベンチスタート 降雨で試合開始4時45分に

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

降雨のため2時間40分遅れでプレーボール

オリオールズエンゼルス(日本時間13日・ボルティモア)

 エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、敵地・オリオールズ戦で今季初のベンチスタートとなった。昨年10月の右肘内側側副靭帯再建術(トミー・ジョン手術)から復帰6戦目は途中出場から復帰初本塁打が飛び出すか注目させる。降雨のため試合開始が遅れていたが、15時45分(日本時間4時45分)にプレーボールすると発表された。

 大谷は前日11日の敵地・オリオールズ戦で「3番・DH」で5戦連続フル出場。6回に3得点の口火となる左前打、9回にはダメ押しの右前適時打を放った。5打数で2試合ぶりマルチ安打となる2安打1打点。チームの3連勝に貢献していた。大谷には2日前に伝えていたというオースマス監督は「予定通りの休養日」と話した。一塁を守るベテラン・プホルスを指名打者として起用し、負担を軽減する狙いもある。

 大谷は昨季、代打で22試合出場し、19打数6安打の打率.316、2本塁打、4打点、OPS1.093をマーク。昨季の代打弾は7月8日の本拠地ドジャース戦、8月18日の敵地レンジャーズ戦で放っており、この日代打弾が生まれれば267日ぶり。日本人通算11本目となる。

 オリオールズは26歳左腕、ジョン・ミーンズが先発する。今季は9試合登板し、チームトップタイの4勝(3敗)、防御率2.48。昨季終盤にメジャーデビューしたばかりで、エンゼルスとは初対戦となる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)