【MLB】田中将大の快投を辛辣NY紙も絶賛 裏一面で写真をデカデカ掲載「CY-ONARA」

ヤンキース田中将大がレイズ戦で今季3勝目 地元紙「ニューヨーク・ポスト」は絶賛

記事まとめ

  • ヤンキースの田中将大投手がレイズ戦で7回5安打1失点7奪三振と快投し、今季3勝目
  • 地元紙「ニューヨーク・ポスト」は昨季のサイ・ヤング賞左腕に投げ勝ったことを絶賛
  • 同紙は田中の投球時の写真をデカデカと掲載し、「CY-ONARA」との見出しも

【MLB】田中将大の快投を辛辣NY紙も絶賛 裏一面で写真をデカデカ掲載「CY-ONARA」

【MLB】田中将大の快投を辛辣NY紙も絶賛 裏一面で写真をデカデカ掲載「CY-ONARA」

レイズ戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

今季2度目のHQSで3勝目「ヤンキースがまさに求めていたもの」

■ヤンキース 7-1 レイズ(日本時間13日・タンパ)

 ヤンキースの田中将大投手が12日(日本時間13日)の敵地レイズ戦で7回5安打1失点7奪三振と快投し、今季3勝目(3敗)を挙げた。7イニングをわずか73球で投げきり、首位決戦でチームを7-1の快勝に導く圧巻の投球。地元紙「ニューヨーク・ポスト」は田中の大きな写真を裏一面で掲載し、昨季のサイ・ヤング賞左腕ブレイク・スネルに投げ勝ったことを絶賛している。

 田中はレイズ打線を寄せ付けなかった。5回まで毎回三振を奪い、失点は6回1死からメドウズに浴びたソロ本塁打による1点のみ。今季2度目のハイクオリティースタート(HQS、7回以上を自責2以内)を達成する大仕事だった。

 地元紙「ニューヨーク・ポスト」は裏一面を使い、田中の投球を称えた。田中の投球時の写真をデカデカと掲載し、「CY-ONARA」との見出しが。サイ・ヤング賞の頭文字「CY」と日本語の「SAYONARA(サヨナラ)」をかけているようで、記事では「タナカがア・リーグの(CY)賞を勝ち取った投手を圧倒し、ヤンキースはレイズから重要な白星を手にする」と伝えている。

 さらに同紙は、公式ツイッターでこの紙面を紹介。「ヤンキースがまさに求めていたもの。それはタナカタイム」との文章を添えている。

 またしても大一番での強さを見せつけた田中。チームメートやファンの信頼に応える快投に称賛の声が続々と上がっている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)