日本ハム有原が3、4月の月間MVP受賞 自身3度目に「素直に嬉しいです」

日本ハム有原が3、4月の月間MVP受賞 自身3度目に「素直に嬉しいです」

日本ハム・有原航平【写真:石川加奈子】

14日の楽天戦では8回1失点の好投で5勝目をマーク

 3、4月度の大樹生命月間MVP賞が15日発表され、日本ハムの有原航平投手がパ・リーグ投手部門を受賞した。

 今季は3月31日オリックス戦で7回5安打1失点(自責0)と好投して初勝利を挙げると、4月28日ソフトバンク戦まで毎週日曜日に先発し、5試合で4勝0敗、防御率は0.51と文句なしの好成績を残した。「チームに貢献できているということだと思うので、素直にうれしいです」と16年7月、18年7月に続く3度目となる受賞を喜んだ。

 昨季は右肩を痛めて出遅れただけに、今季のスタートダッシュ成功には充実感が漂う。「去年は出遅れて開幕にもいなかったですが、今年は開幕から投げられていることがうれしいいし、いいこと。ただ、いい試合もありましたが、完投がなかったので、もう少し長いイニングを投げたいなと思います」と責任感をにじませた。

 好調の要因には、チームメートからのアドバイスを挙げる。「ベンチで田中賢介さんが『バッターはこう狙っているよ』と教えてくれますし、センターからは西川(遥輝)が『フォームがこうなっている』ということを言ってくれる。それをうまく修正できました」と明かした。

 5月に入ってからは、6日のロッテ戦で6回7安打5失点して今季初黒星を喫したが、14日楽天戦では8回1失点の好投で5勝目を挙げた。

「5月の最初は良くなかったので、何とか勝っていけるように」と力を込めた有原。大黒柱としてチームをけん引していく。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)