【MLB】「認めたくないが、脱帽せざるを得ない」12奪三振快投の前田健太に敵選手も白旗

【MLB】「認めたくないが、脱帽せざるを得ない」12奪三振快投の前田健太に敵選手も白旗

12三振を奪う快投を披露したドジャース・前田健太【写真:AP】

6連続含む12三振を全て空振りで奪い、無失点で5勝目をマークした前田

■ドジャース 2-0 パドレス(日本時間16日・ロサンゼルス)

 15日(日本時間16日)に本拠地で行われたパドレス戦で今季5勝目をあげたドジャースの前田健太投手。6回2/3を投げて、圧巻の12三振を奪った。2回1死からの6連続を含み、三振の山を積み重ねて3安打無失点。打っても、2回に決勝打となる先制の適時打を放つと、4回にも右前安打を放って2安打2打点、メジャー初のマルチ安打も記録した。

 7回1死一塁でレンフローからこの日12個目の空振り三振を奪ったところで、85球で降板となった前田。7回を投げ切らずにマウンドを降りることとなったが、パドレス打線をほぼ完璧に封じ込め、奪った三振の全てが空振り三振だった。

 12個の三振を奪われ、手も足も出せなかったパドレス側からは、前田に脱帽するコメントがあがった。パドレス公式サイトではアンディ・グリーン監督のコメントを紹介し、その中で指揮官は「彼はいつも右打者に強い」と語り、右打者が6人並ぶ自軍のラインナップが苦戦した要因を語った。

 地元メディア「サンディエゴ・トリビューン」では、この日前田と投げ合い、前田に2安打2打点を許して負け投手となったマット・ストラム投手が「マエダの投球は素晴らしかった」と称賛し、右腕の前に無安打に終わったグレッグ・ガルシア内野手は「彼は今夜素晴らしい投球をした。自分たちはたくさん三振した。認めたくないが、脱帽せざるを得ない」と認めていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)