【MLB】驚異の38試合連続無失点 アストロズ右腕がキンブレル超えメジャー新記録なるか

【MLB】驚異の38試合連続無失点 アストロズ右腕がキンブレル超えメジャー新記録なるか

アストロズのライアン・プレスリー【写真:Getty Images】

プレスリーが16日のタイガース戦で38試合連続無失点のメジャータイ記録

■アストロズ 5-1 タイガース(日本時間16日・デトロイト)

 アストロズのリリーフ右腕ライアン・プレスリー投手がメジャー記録に王手をかけている。大谷翔平のエンゼルスや菊池雄星のマリナーズと同じア・リーグ西地区で首位を走るアストロズでセットアッパーの座を任されている30歳の右腕。15日(日本時間16日)のタイガース戦で38試合連続無失点のメジャータイ記録に並んだ。

 タイガース戦で4点リードで迎えた8回、先発したバーランダーの後を受けてマウンドに上がったプレスリーは完璧なリリーフを見せた。先頭のジョーンズを空振り三振に切ると、グッドラムを一ゴロ、スチュワートを三振に切って3者凡退に仕留めた。これで今季は17試合に投げて1勝0敗8ホールド2セーブ、防御率0.00となっている。

 MLB公式サイトは「プレスリーがキンブレルの連続記録に並ぶ」とする記事を掲載し、好投を続けるプレスリーの偉業をクローズアップ。まず「アストロズは2018年7月27日にツインズから右腕ライアン・プレスリーを獲得した。ヒューストンでのデビューで、プレスリーは対戦した最初の打者に本塁打を打たれた」と、右腕のアストロズでの船出を紹介。

 そして、「約2週間後、8月10日にプレスリーは新しいユニホームで2失点目を喫した。それ以降、彼は失点していない」と紹介。昨季は8月15日(同16日)のロッキーズ戦から21試合連続無失点でシーズンを終え、今季もそれを継続している。MLB公式サイトは「8月15日のロッキーズ戦から連続記録は始まった。プレスリーは水曜日のタイガース戦で無失点に抑え、38試合連続無失点とした。これにより、現在FAのクレイグ・キンブレルがブレーブス時代の2011年6月14日〜9月8日に残したMLB記録に並んだ」とレポートした。

 ブレーブスやパドレス、レッドソックスでメジャー通算333セーブをマークした偉大な守護神が記録したメジャー記録に並んだプレスリー。アストロズは16日(同17日)は試合がなく、17日(同18日)から敵地で昨季までキンブレルが在籍したアストロズと対戦する。メジャー新記録となる39試合連続無失点をかけて、マウンドに上がる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)