【MLB】「見つけちゃった」 エイミーさん、イチロー氏と笑顔の“自撮り”2ショット公開

【MLB】「見つけちゃった」 エイミーさん、イチロー氏と笑顔の“自撮り”2ショット公開

本拠地ツインズ戦でイチロー氏と再会したエイミーさん【写真:木崎英夫 】

本拠地ツインズ戦の前にイチロー氏と再会、ツイッターで“自撮り”公開

 マリナーズの会長付き特別補佐兼インストラクターに就任したイチロー氏を現役時代に「イチ・メーター」で応援し続けたエイミー・フランツさんが16日(日本時間17日)、本拠地ツインズ戦の前にイチロー氏と再会。自身のツイッターで、2人の穏やかな笑顔が印象的な“自撮り2ショット写真”を公開した。

 エイミーさんは自作の特製ボード「イチ・メーター」を掲げ、本拠地セーフコ・フィールド(現T-モバイルパーク)のライトスタンドでイチロー氏の安打数をカウントし続けた。日本のファンにも愛される存在だ。

 この日の試合前には、マリナーズの打撃練習終了後、一塁側ダグアウト前でイチロー氏と笑顔で再会。エイミーさんは、現役最終戦となった3月21日の東京ドームでのアスレチックス戦後、イチロー氏がフィールドを一周した際の写真を手に持っていた。外野スタンドから手を振るエイミーさんに気付いたイチロー氏が、左手をあげて応えているところを捉えており、この記念の1枚にサインを添えてもらったのだ。

 3月21日のことを「私に手を振ってくれて感動しました! あの興奮は今でも忘れません」と振り返っていたエイミーさん。実は、サインだけでなく、イチロー氏と“自撮り”もしていた。エイミーさんがツイッターで「今夜の試合前にこんな人を見つけちゃったんだけど!」と茶目っ気たっぷりに紹介したのは、その“自撮り”写真と、“自撮り”する2人を撮影したもの。ともに穏やかな笑顔で、選手とファンとしての2人の関係の良さが伝わってくる。

「世界一のイチローファン」にとっては、引退後も背番号「51」は特別な存在のようだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)