【高校野球】大船渡が春季県大会初戦敗退 “令和の怪物”佐々木朗希は登板せず

大船渡が春季県大会初戦で敗退 今秋のドラフト1位候補・佐々木朗希は登板せず

記事まとめ

  • 春季岩手県大会1回戦、今秋のドラフト1位候補・佐々木朗希擁する大船渡が釜石と対戦
  • 佐々木は4番・右翼でスタメン出場も、マウンドに上がることなかった
  • 延長10回、3つの四球で無死満塁となり、釜石の黒沢陸斗にサヨナラ左前安打を浴び敗退

【高校野球】大船渡が春季県大会初戦敗退 “令和の怪物”佐々木朗希は登板せず

【高校野球】大船渡が春季県大会初戦敗退 “令和の怪物”佐々木朗希は登板せず

「4番・右翼」で出場した大船渡・佐々木朗希【写真:楢崎豊】

佐々木は「4番・右翼」で出場し1安打

 春季岩手県大会1回戦が18日、岩手県内各地で行われ、今秋のドラフト1位候補・佐々木朗希投手擁する大船渡がセンバツ出場経験のある釜石に4-5と延長10回サヨナラで敗れ、初戦で姿を消した。

 この試合、佐々木は先発せず、「4番・右翼」でスタメン出場。先発は背番号10の和田吟太投手(3年)だった。その和田が初回に4点を失う劣勢の立ち上がりだったが、2回以降は立ち直り、無失点投球を続けた。

 大船渡は2回に5番の木下大洋(3年)の2ランで反撃開始。8回にヒットと敵失で2点を返し、同点に追いついた。

 4番に入った佐々木の第1打席は四球。2打席目は三ゴロ。3打席目は遊失。第4打席は三ゴロだった。

 10回の第5打席では2死一塁から痛烈な左前ヒットでチャンスメーク。一、三塁としたが後続が倒れた。4打数1安打だった。

 同点に追いついたあとも佐々木はマウンドに上がることはなかった。大船渡は和田が最後まで投げ続けたが、延長10回、3つの四球で無死満塁とピンチを招き、釜石の黒沢陸斗(3年)にサヨナラ左前安打を浴びた。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

関連記事(外部サイト)