【MLB】大谷翔平、第3打席は空振り三振 低めのカーブに腰砕けバットは空を切る

【MLB】大谷翔平、第3打席は空振り三振 低めのカーブに腰砕けバットは空を切る

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

先発オドリッジには四球、空振り三振とリベンジならず

■エンゼルス – ツインズ(日本時間21日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が20日(日本時間21日)、本拠地ツインズ戦で「3番・指名打者」で7試合連続でスタメン出場。6回の第3打席は空振り三振に倒れた。

 1点を追う6回。先頭で迎えた第3打席は右腕ハーパーと対戦。1ボール2ストライクからの4球目、70.1マイル(約113キロ)のカーブにタイミングが合わず2打席連続三振に倒れた。

 初回2死走者なしで迎えた第1打席は四球を選び8試合連続出塁をマーク。4回の第2打席は空振り三振に倒れた。前回対戦で3打数無安打だったツインズ先発の右腕オドリッジにはこの日もノーヒットに抑えられた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)