【MLB】上原浩治の2013年は「永遠に記憶に残されるべき」 ボストンメディアが惜別

【MLB】上原浩治の2013年は「永遠に記憶に残されるべき」 ボストンメディアが惜別

レッドソックスではクローザーとして活躍した上原浩治【写真:Getty Images】

世界一に貢献した2013年の上原「間違いなく球史で最高の投球の1つ」

 巨人の上原浩治投手が20日に現役引退を発表した。2013年にレッドソックスの守護神としてワールドシリーズ制覇に貢献した右腕の突然の引退は米国でも大きく報じられており、ボストンの地元メディア「CBSボストン」は「彼の2013年レッドソックスのシーズンは永遠に記憶に残されるべき」と伝えている。

 日米で通算100勝&100セーブ&100ホールドの「トリプル100」を達成するなど、偉大な成績を残した上原。米国でも、その記憶は鮮明に刻まれている。特に、2013年のレッドソックスでのワールドシリーズ制覇は輝かしい実績だ。

「CBSボストン」は「コウジ・ウエハラが現役引退を発表;彼の2013年レッドソックスのシーズンは永遠に記憶に残されるべきである」とのタイトルで特集を掲載。そして、「ウエハラはメジャーリーグでオリオールズ、レンジャーズ、レッドソックス、カブスに在籍し、480回2/3投げた。2013年4月1日〜10月30日の彼の投球は、間違いなく球史で最高の投球の1つである」と、2013年のパフォーマンスを絶賛している。

 上原はレッドソックス加入1年目の2013年、73試合登板で4勝1敗13ホールド21セーブ、防御率1.09という圧倒的な成績を残した。さらに、ポストシーズンでは13試合登板で防御率0.66。ア・リーグ優勝決定シリーズではMVPに輝くなど、世界一に大きく貢献した。まさに、歴史に残る投球だった。

 記事でも「これは誇張ではない。2013年に3人目としてクローザーの役割を担った素朴な右腕リリーフは、今までのどのクローザーによる1シーズンにも劣らないシーズンを送った」と、シーズン途中から抑えに就任したこの年の上原の成績を紹介。「このシーズンで彼は9人に四球を与えただけだった。そのうちの2つは敬遠だった」。74回1/3を投げて、わずか9四球。圧巻の制球力で、WHIP(1イニングあたりの安打+四球)は衝撃の「0.57」だった。

「スポーツ史上最も素晴らしい投球の1つとして、永遠に記憶に残されるべき」

 さらに「2013年7月9日〜9月13日の間に27回登板して無失点だった」という驚異的な記録も紹介。リーグ優勝決定シリーズについても「ウエハラは3セーブと1勝を挙げた。彼はMVPに輝いた」とあらためて振り返っている。どこを切り取っても、2013年の上原の成績は圧巻だった。

 2013年だけでなく、レッドソックスでの4年間で光を放ち続けた上原。「彼はレッドソックスに4シーズン在籍し、858人と対戦して37与四球だけだった。291奪三振だった。ポストシーズンを含めれば、910人と対戦して308奪三振(33.8%)、37与四球(4.1%)だった」。記事では、抜群の制球力、奪三振能力を示す数値を紹介。メジャーでは決して速くないボールでこの成績を残したことを特筆している。

「90マイル(約145キロ)程の直球でこうしたことをやってのけたことが、このことをよりずっと記憶に残る妙技としている。2013年のコウジ・ウエハラのスプリットは史上最も打つのが難しい球の1つとされるべきである。そして、時として同じくらい捕球するのも難しい球だった」

 投球だけでなく、パフォーマンスでも魅せた上原は、レッドソックスファンにずっと愛される投手となった。

「ダグアウトでのハイタッチ、登場曲のサンドストーム、2013年ワールドシリーズの最後のアウトを三振で奪ったウエハラの姿は、レッドソックスファンの記憶に残り続けるだろう。そして、ウエハラが2013年シーズンとポストシーズンで優勝に輝いたチームにしたことは、スポーツ史上最も素晴らしい投球の1つとして、永遠に記憶に残されるべきである」

 名門球団のレッドソックスをワールドシリーズ制覇に導いた上原。愛すべき投手の引退をボストンの人たちも惜しんでいる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)