【MLB】上原浩治は「愛すべき投手」 地元メディアの賛辞やまず「球界一の抑えだった」

【巨人・上原浩治が引退】米報道がレッドソックス時代の上原を「球界一の抑え」と賛辞

記事まとめ

  • 巨人・上原浩治が現役引退を発表し、ボストンで続々と惜別の特集記事が報じられている
  • 上原浩治はレッドソックス時代、守護神としてワールドシリーズ制覇に貢献している
  • ボストンのラジオ局は「ウエハラは球界一の抑えだったかもしれない」と賛辞を送った

【MLB】上原浩治は「愛すべき投手」 地元メディアの賛辞やまず「球界一の抑えだった」

【MLB】上原浩治は「愛すべき投手」 地元メディアの賛辞やまず「球界一の抑えだった」

レッドソックスではクローザーとして活躍した上原浩治【写真:Getty Images】

2013年世界一のボストンで人気は未だ絶大「記憶に残り続ける」

 巨人上原浩治投手が20日に現役引退を発表した。これを受けて、ボストンのメディアは続々と惜別の特集記事を掲載している。2013年にレッドソックスの守護神としてワールドシリーズ制覇に貢献した右腕の人気は未だに絶大で、「忘れるべきではない」「記憶に残り続ける」などと称賛の声を送っている。

 日米通算で100勝&100セーブ&100ホールドの「トリプル100」を達成した上原。特に、レッドソックス加入1年目の2013年の活躍は圧巻で、レギュラーシーズンでは73試合登板で4勝1敗13ホールド21セーブ、防御率1.09。さらに、ポストシーズンでも13試合登板で防御率0.66と快投を続け、ア・リーグ優勝決定シリーズではMVPに輝くなど世界一に大きく貢献した。

 世界一の瞬間、上原が捕手に抱きつき、右手を高々と掲げる写真は、ワールドシリーズ制覇の翌日に複数の地元紙にデカデカと掲載された。その記憶はボストンの人たちに鮮明に刻まれており、今もファンに愛される存在だ。

 ボストンの地元ラジオ局「WEEI」は、上原の引退発表を受けて「コウジ・ウエハラが現役引退する日に彼に感謝しよう」とのタイトルで特集。記事の中で「コウジ・ウエハラのプレーは我々が忘れるべきではないものだった。ウエハラはアメリカで9シーズンプレーしただけで、その大半は、ほぼ無難なリリーフ投手だった。しかし、レッドソックスでの3年間(実際には4年間)のプレーは、それ以外がどうでもよくなるくらいにユニークであった」と言及している。

 さらに「その間、ウエハラは球界一のクローザーだったかもしれない」と最大級の賛辞を送り、「彼は我々が常に覚えておくべき投手であった。特にこのような日には」と引退を惜しんでいる。

 また、地元メディア「NBCスポーツ・ボストン」も「元レッドソックスのクローザー、コウジ・ウエハラが現役引退」とのタイトルで伝え、「ウエハラは2013年ポストシーズンで活躍し、ワールドシリーズの最後のアウトを取った愛すべき投手として、レッドソックスファンの記憶に残り続けるだろう」と称賛。球団史に名を残す投手だったと評価している。

 記憶にも記録にも残る投手だった上原。その功績は色褪せることはない。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)