【MLB】大谷翔平、第2打席は中飛、強烈な打球も好守に阻まれる 3試合ぶり一発なるか?

【MLB】大谷翔平、第2打席は中飛、強烈な打球も好守に阻まれる 3試合ぶり一発なるか?

本拠地ツインズ戦で先発出場しているエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

「でぇじょうぶだ」と軽傷をアピールし志願のスタメン出場

■エンゼルス – ツインズ(日本時間22日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地でのツインズ戦で「3番・指名打者」で8試合連続でスタメン出場。第2打席は中飛に倒れた。

 3点リードで迎えた3回の第2打席。1ボールからの2球目、88.4マイル(約142キロ)のチェンジアップを叩いた打球は中堅後方への強烈な打球となったが攻守に阻まれ中飛に倒れた。初回1死走者なしで迎えた第1打席は極端に右に寄る“大谷シフト”の前に遊ゴロ。

 大谷は20日の同カードで7試合連続フル出場。2点を追う8回先頭で左腕・ロジャースの92.7マイル(約149キロ)のツーシームが右手薬指に直撃。結果は空振り三振となったが、打席付近で膝をつき苦悶の表情を浮かべていた。骨に異常はなくこの日の試合前には「でぇじょうぶだ」と笑顔で軽傷をアピールしていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)