【MLB】大谷、第3打席は好機で打球速度164キロ痛烈ライナーも…一塁手正面で球場ため息

【MLB】大谷、第3打席は好機で打球速度164キロ痛烈ライナーも…一塁手正面で球場ため息

第1打席、四球で出塁したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

第1打席はストレートの四球で自己最長10戦連続出塁

■エンゼルス – レンジャーズ(日本時間25日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、本拠地レンジャーズ戦に「3番・DH」で2試合ぶりにスタメン出場し、第1打席はストレートの四球で自己最長の連続出塁記録を「10試合」とした。第2打席は一ゴロ。第3打席は好機で痛烈なライナーも、一塁手の正面を突いた。

 大谷は1点を追う初回、2死走者なしで四球で出塁も、プホルスが凡退して得点にはつながらず。 しかし、11日(同12日)の敵地オリオールズ戦から10試合連続出塁となった。第2打席は2点リードの4回先頭で一塁へ痛烈なゴロ。ベースカバーに入った投手との競争となり、快足を飛ばして一度はセーフと判定されたものの、レンジャーズのチャレンジでアウトに覆った。

 2点リードのまま迎えた5回は無死二、三塁の絶好機で第3打席へ。痛烈なライナーも一塁手の正面をつき凡退。タイムリーとはならず、スタジアムはため息に包まれた。打球速度は102マイル(約164キロ)だった。その後、プホルス、ルクロイも凡退して、エンゼルスはチャンスを生かせず無得点に終わった。

 この日は「スターウォーズナイト」。スクリーンには「スターウォーズ」のキャラクターに扮した各選手の姿が映し出され、大谷は昨年に続いてパイロット姿のルーク・スカイウォーカーで登場した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)