【MLB】菊池雄星、2敗目喫する 4回途中10安打5失点でKO、マリナーズ5連敗

マリナーズ5連敗で急失速際立つ 菊池雄星は4回途中10安打5失点でKOで2敗目喫する

記事まとめ

  • マリナーズの菊池雄星投手が26日、アスレチックス戦に先発し、4回途中10安打5失点でKO
  • 菊池のあとを受けたリリーフ陣は1失点で繋ぎ、9回にも2点を奪い反撃も、あと1歩及ばず
  • マリナーズは5連敗で、5月だけで17敗目となり、急失速ぶりが際立っている

【MLB】菊池雄星、2敗目喫する 4回途中10安打5失点でKO、マリナーズ5連敗

【MLB】菊池雄星、2敗目喫する 4回途中10安打5失点でKO、マリナーズ5連敗

2敗目を喫したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

ショートスタートを除き最短降板、マリナーズは5月だけで17敗目

アスレチックス 6-5 マリナーズ(日本時間26日・オークランド)

 マリナーズの菊池雄星投手が25日(日本時間26日)、敵地でのアスレチックス戦に先発し、今季2敗目を喫した。初回にいきなり先制を許した菊池は、4回途中までに10安打5失点を許し、ショートスタートだった登板を除き最短KO。マリナーズは敗れて5連敗となった。

 初回2死からチャップマンに先制のソロ本塁打を浴びた菊池。2回は無失点に抑えたが、3回に再び失点。ピンダー、チャップマンの連打、カナへの四球で満塁とされると、プロファーに適時打を浴びた。4回にはラウレアーノの二塁打、フェグリーへの死球でピンチを招き、セミエン、ピンダーに連続適時打。この回3点を失ったところで交代を告げられた。

 4回途中までに自身メジャーワーストタイとなる10安打を浴びて、まさかの5失点。月1回設定されているショートスタートだった4月26日のレンジャーズ戦を除き、最短となる3回1/3でノックアウトとなり、4勝目はならなかった。

 マリナーズは3回にハニガーの適時打、4回にはサンタナの9号ソロで2度、同点に追いついたものの、菊池が踏ん張れず。菊池のあとを受けたリリーフ陣は1失点で繋ぎ、9回にも2点を奪って反撃したが、あと1歩及ばなかった。これで5連敗。5月だけで17敗目となり、急失速ぶりが際立っている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)