【MLB】菊池雄星、2敗目「全ての球が思うようにいかなかった」4回途中10安打5失点KO

【MLB】菊池雄星、2敗目「全ての球が思うようにいかなかった」4回途中10安打5失点KO

2敗目を喫したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

ここまで有効だったカーブを打たれ「今までとの違いとしてあった」

■アスレチックス 6-5 マリナーズ(日本時間26日・オークランド)

 マリナーズの菊池雄星投手が25日(日本時間26日)、敵地でのアスレチックス戦に先発し、今季2敗目を喫した。4回途中までに10安打5失点を許し、ショートスタートだった登板を除き最短KO。試合後は「全てのボールが思うようにいかなかったところがありますね。ブルペンからイマイチ体が、もう少し何とかしないとなというところがあった。修正できないまま試合に入ってしまった」と肩を落とした。

 初回2死からチャップマンに先制ソロを被弾。2回こそ無失点だったが、3回に再び失点。満塁でプロファーに適時打を浴びた。4回にはラウレアーノの二塁打、フェグリーへの死球でピンチを招き、セミエン、ピンダーに連続適時打。この回3点を失ったところで交代を告げられた。

 4回途中までに自身メジャーワーストタイとなる10安打を浴びて、まさかの5失点。これまで好投の鍵となっていたカーブを打たれ「今までカーブを有効に使ってきましたけど、それを綺麗に打たれたというのは今までとの違いとしてありました。狙いすましたかのように何本か打たれた。その原因は必ずあると思うし、そこをしっかり見直していけば、次は大丈夫だと思います」と振り返った。

 ショートスタートだった4月26日のレンジャーズ戦を除き最短となる4回1/3でノックアウトとなり、4勝目はならなかった菊池。「こういう日もシーズン通して必ずある。そういう中で粘り強く投げる、1イニングでも長く投げるというところを大事にしてやってきましたけど、今日はそれができなかった。同じリーグの相手で、また対戦することもある。早く原因を見つけて次に繋げたい」と語り、次戦に気持ちを切り替えていた。(木崎英夫 / Hideo Kizaki)

関連記事(外部サイト)