【MLB】4回途中KOの菊池雄星、指揮官は擁護「全く心配していない。大丈夫だ」

【MLB】4回途中KOの菊池雄星、指揮官は擁護「全く心配していない。大丈夫だ」

2敗目を喫したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

「最高の投球ができない日はこのようなことが起こる」

■アスレチックス 6-5 マリナーズ(日本時間26日・オークランド)

 マリナーズの菊池雄星投手が25日(日本時間26日)、敵地でのアスレチックス戦で今季2敗目を喫した。4回途中までに10安打5失点を許し、ショートスタートだった登板を除き最短KO。チームは5連敗となった。

 初回2死からチャップマンに先制ソロを被弾。3回2死満塁でプロファーに適時打を浴びると、4回にはラウレアーノの二塁打、フェグリーへの死球でピンチを招き、セミエン、ピンダーに連続適時打。3点を失ったところで交代を告げられた。

 4回途中までに自身メジャーワーストタイとなる10安打を浴びて、まさかの5失点。ここまで3試合連続で、先発した試合で連敗を止めていた左腕だったが、今回は連敗を止めることはできず。それでも、スコット・サービス監督は「今日の登板はユウセイにとって少し難しかった。(アスレチックスとは)ここ数か月の間で3度目の対戦だったからね。今日は今までよりもキレがなかった。最高の投球ができない日はこのようなことが起こる」と擁護した。

 指揮官はさらに「私はユウセイ・キクチについて全く心配していない。彼は調子を取り戻し、アグレッシブな投球を続けるだろう。彼は大丈夫だ」とコメントし、不安を一掃していた。(木崎英夫 / Hideo Kizaki)

関連記事(外部サイト)