【MLB】8回途中6失点のダルビッシュ、結果に表れない大きな意義「内容は全てを物語らない」

【MLB】8回途中6失点のダルビッシュ、結果に表れない大きな意義「内容は全てを物語らない」

レッズ戦に登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

チームは16連戦の12試合目、負担がかかる中継ぎ陣を救う7回0/3

■カブス 8-6 レッズ(日本時間26日・シカゴ)

 カブスのダルビッシュ有投手は25日(日本時間26日)、本拠地でのレッズ戦に先発し今季3勝目を逃した。カブスへの移籍後最長となる8回途中まで投げたが、12安打3本塁打で6失点。同点に追いつかれてマウンドを降り、本拠地初白星を掴めなかった。

 初回は無失点で切り抜けたダルビッシュだったが、2回にバーンハートに2ランを浴びて先制点を奪われた。味方打線が4回に一挙4得点を奪って逆転したものの、5回にプイグのソロ本塁打などで2失点、6回にはセンゼルに適時打を許して1点を失い、1点差に迫られた。

 7回を終えて球数は100球に達していたダルビッシュだったが、1点リードの8回もマウンドへ。だが、先頭のディートリッチに痛恨の同点ソロを被弾。続くイグレシアスにもヒットを許したところで108球で降板となった。

 今季最長の7回0/3を投げて12安打6失点。4月27日(同28日)のダイヤモンドバックス戦で2勝目をあげてから5試合連続で勝敗つかなかったダルビッシュだが、この日の登板はカブスにとってポジティブなものだった。MLB公式サイトは「ユウの7イニング登板の日に、カブスは3本塁打の攻撃で勝利」と題してこの試合をレポートし「白黒はっきりしたスコアの投球内容が全てを物語らない登板の1つ」と伝えている。

 記事では「カブスファンがレッズ戦でのダルビッシュのパフォーマンスを見ると、12安打、6失点、3被本塁打だと分かるだろう。シカゴにとって唯一重要な数字は、勝敗を除いて、この右腕が投げた7回超というものであった」と指摘し、チームメートであるデビッド・ボートの「勇敢だ。彼は素晴らしかった。数字は今日彼がどれほど素晴らしかったかを表していない。ユウの素晴らしいパフォーマンスだったよ」と、右腕を全面的に擁護している。

 カブスは現在16連戦の真っ只中にあり、この日が連戦の12試合目だった。中継ぎ陣に大きな負担がかかっており、この日3Aから左腕のティム・コリンズ、右腕のディロン・メイプルズをブルペン強化で昇格させた。記事内では「レッズ戦では9人のリリーフの名前があったが、実際にこの日登板させられるのは数人だった。試合前、マドンは可能な限りダルビッシュに長く投げてもらう必要があると語っていた」とし、ダルビッシュにできる限り長く投げてもらいたいというのが、カブス首脳陣の願いだったとしている。

 ダルビッシュには2点リードの6回に打順が回り、そのまま打席に立った。7回をわずか7球で終わらせ、100球に達したものの、8回も続投した。MLB公式サイトも「決して最高のパフォーマンスとは言えない」としながら、「彼は8回途中まで投げ、それはマドンにとって最大の収穫だった」と指摘。ジョー・マドン監督のコメントもレポートし、指揮官は「彼は素晴らしかった。彼は好投し、チームのために戦い、8回途中まで投げた」と評価していた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)