西武ドラ1松本航、6回途中2失点の好投も2勝目消滅 「丁寧にいきすぎて…」

西武ドラ1松本航、6回途中2失点の好投も2勝目消滅 「丁寧にいきすぎて…」

西武・松本航【写真:荒川祐史】

2点リードの7回に3番手・平井が同点に追い付かれ2勝目が消滅

■西武 – 日本ハム(26日・メットライフ)

 西武のドラフト1位ルーキー・松本航投手が26日の日本ハム戦(メットライフ)で本拠地初先発。5回2/3、6安打2失点で降板した。

 19日のオリックス戦(京セラ)でプロ初先発初勝利した松本航。中6日で先発したこの日は毎回ランナーを背負う苦しいピッチングになったが、直球とスライダーをゾーンにしっかり投げ込み、5回までの失点は中田のソロによる1点のみと最少失点で切り抜けた。

 5回までに113球を投じていたが、6回のマウンドにも上がった松本航は1死から清宮に右二塁打を許すと、さらに2死から中島卓に左翼線へタイムリーヒットを浴び、2点目を失ったところでマウンドを降りた。しかし2点リードして迎えた7回に3番手の平井がつかまり同点とされ、松本航の2勝目はお預けとなった。

 松本航は降板後に「追い込んでから丁寧にいきすぎて決めきれなかった。それが球数の多さにつながってしまいました」と反省していた。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)