阪神ドラ1近本がセ外野手2位、ケガの鷹柳田が3位に浮上…球宴ファン投票中間発表

阪神ドラ1近本がセ外野手2位、ケガの鷹柳田が3位に浮上…球宴ファン投票中間発表

阪神・近本光司【写真:荒川祐史】

巨人の丸を抜き2位に浮上した阪神のドラフト1位ルーキー近本

 日本プロ野球機構(NPB)は28日、「マイナビオールスターゲーム2019」ファン投票結果の第1回中間発表を行い、セ・リーグの外野手部門で阪神のドラフト1位ルーキー・近本光司外野手が2位に浮上した。2万1112票を集め前日2位だった巨人・丸佳浩外野手を抜いた。パ・リーグはソフトバンクの柳田悠岐外野手が3位に浮上した。

 セ・リーグの先発投手部門は広島の大瀬良大地、パ・リーグはソフトバンクの千賀滉大投手がトップを死守。順位の変動はセ・リーグは阪神・近本のみ、パ・リーグはソフトバンクの柳田が日本ハムの大田泰示外野手を抜き3位に浮上した。両リーグ最多は西武の山川穂高内野手で3万7203票。

 今季のオールスターは第1戦が7月12日に東京ドームで、第2戦は同13日に甲子園で行われる。ファン投票は5月24日から6月16日まで実施。また、選手間投票も併せて行われる。ファン投票の最終結果発表は6月24日。選手間投票の結果は6月27日に、監督選抜を含む出場メンバーは7月1日にそれぞれ発表される。さらに7月1日から7月3日まで「プラスワン投票」を実施。再びファン投票でセ・パ1名ずつ選出する。

 各部門の1位得票選手は以下の通り。

【セ・リーグ】
先発 大瀬良大地(広島)
中継ぎ P・ジョンソン(阪神)
抑え 山崎康晃(DeNA)
捕手 梅野隆太郎(阪神)
一塁手 岡本和真(巨人)
二塁手 山田哲人(ヤクルト)
三塁手 村上宗隆(ヤクルト)
遊撃手 坂本勇人(巨人)
外野手 鈴木誠也(広島)
    近本光司(阪神)
    丸佳浩(巨人)

【パ・リーグ】
先発 千賀滉大(ソフトバンク)
中継ぎ 宮西尚生(日本ハム)
抑え 松井裕樹(楽天)
捕手 森友哉(西武)
一塁手 山川穂高(西武)
二塁手 浅村栄斗(楽天)
三塁手 B・レアード(ロッテ)
遊撃手 今宮健太(ソフトバンク)
外野手 秋山翔吾(西武)
    吉田正尚(オリックス)
    柳田悠岐(ソフトバンク)
DH 近藤健介(日本ハム)(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)