【MLB】大谷V打、ア軍連勝は10でストップ ファンの怒りの標的は…「球をこぼしてなかったら」

【MLB】大谷V打、ア軍連勝は10でストップ ファンの怒りの標的は…「球をこぼしてなかったら」

決勝打となるタイムリーを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ソリアの渾身の勝負球を捕手フェグリーはキャッチミス→球審ボール判定→大谷V打

■エンゼルス 6-4 アスレチックス(日本時間29日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手が28日(日本時間29日)、敵地・アスレチックス戦で「3番・指名打者」で先発出場。同点の9回の第5打席で右前へ決勝2点打を放った。V打を献上した右腕ソリアは決めにいったカーブをボールと判定され球審に抗議。イニング終了後にも文句を付けそこで退場処分を受けた。

 疑惑の判定は1ボール2ストライクからの4球目だった。75.7マイル(約121.8キロ)のカーブが外角低めに決まったかに見えたが、捕手のフェグリーがキャッチミス。球審もボール判定を下して、その後の右腕による再三の抗議、退場につながった。

 地元紙「サンフランシスコ・クロニカル」のアスレチックス番、スーザン・スラッサー記者はMLB公式サイトの1球速報と共に「ソリアが不満を感じた理由がこれ:4球目がボールの判定」と自身のツイッターで投稿すると、ファンからは捕手・フェグリーに対する不満の声が多く集まった。

「もしフェグリー(捕手)がボールをこぼしていなかったら、違う結果になっていたことだろう」

「フェグリーはボールを離さないでおかないといけなかったね。審判が(ストライクだと)コールしなかったことは、非難しずらいね」

「フェグリーが打撃好調なのはわかるけど、これまでの彼の守備の努力に関して、メルビン(監督)は満足できないよ」

「彼らはトリビーノに対して年中ずっと同じこと(ボール判定)をしていて、今回はソリアに対してもだね」

「理由はフェグリーは落球したからだよ」

「ロボット審判が必要だ!」

 試合後には、ソリアは「それもゲームの一部。審判も人間」と気持ちを切り替えていたが……。ストライク判定なら11連勝の可能性もあっただけに、ファンの不満は収まらないようだった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)